ダブルピース日記~推しに健やかであってほしい~

地方在住の半茶の間。推しがよくスベります。

「甘くはないぜ」うろおぼえネタ集

!この記事は編集中です!
!今の段階で公開してあわよくば誰かに不足分を埋めてもらおうと言う姑息な事を考えています!
 
 
・ふがし

このふがし、マジでぶつかっちゃって半分に折れたり、千秋楽で思いっきりかじった兵士たちが口の中の水分を奪われ、軍曹は一瞬袖に消え、その後にあわてて出てきたけど「大佐よ!」って台詞も一切喋れなくなるという危険な武器。

葉巻にもなる。

 
・ゲリラ襲来。パイをもって襲い来るゲリラからみつやをひっぱって退き、次に舞台上に戻ってきた大佐は日によってホウキを持っていたり、千秋楽では「ゲリラ4です」と言い張りながらドーナッツをかじるますもとさん(演出の人)を連れて来てしまったり
・ますもとさんほんと癒されるね????
・気を取り直してみつやをひっぱって右往左往
 

・案内人のコンボ、「モモヤマー」と空港で人探し。「歓迎」みたいな札かとおもったら「敗訴」って書いてある。負けたのかよ。
ここの「モモヤーマー」の部分でコンボが持ってた紙は順番は忘れたけど日替わりで、「敗訴」「エイひれ●●円」「百山(山が異様に小さい)」
・合流しだんごの荷物を持つよ~と好意的かとおもいきや、チップを請求。
・チップを払わないとわかるや否や豪快にだんごの荷物を投げ捨てる。
(投げ捨てる、蹴り飛ばす、中にタンを吐く、「ハイキュー!」といいながらアタックをかます、投げたデイバックに飛び蹴りいれようとしてずっこけてコンボのサンダルが大破、ということもありました)
サンダル大破のときはすごい音がして流石に団護も駆け寄る。そしてリュックは私物(2公演目で明らかになった事実)
 
 
・検問にひっかかる。もも、パスポートにわいろをはさむ。だんごは金がないのでそのまま渡す。
ももVS兵士(銀河団)の戦いが勃発、
連日、渡しそうで渡さなかったり、中のお金だけ引っ張って残るようにして渡さなかったり、最終的に返却のときにリーゼントの上に乗せたり
わちゃわちゃしすぎてもものローキックが入り、コンボが止めたり・・・
 
・「アマミ…ダンゴ…」
・「オリベコンカイニドメノブタイダケドイキゴミハドウナノ」「サイゴマデシンケンニヤルッテオモッテルマジデ」
・「??ノコッキガニホントニテルノハニホンニユウコウテキダカラ」「??ノコッキデヒノマルベントウツクロウトシタラゴハンガミドリニナル」
・「オリベハコウコウセイヤケドガッコウデドンナコトベンキョウシテルン」「俺学校ツウシンセイヤカラソンナベンキョウシテナイ」
・「ヤバミ!」
とか現地の言葉のふりしてろくでもない事を言っている
ここも日替わり、「お母さんが韓国土産で買ってきたスルメにカビ生えてたんだけど俺を殺す気かな」とかだったりする
 
銀河団と会話を試みる。
「アレ…アレもってる?まわるやつ…」ハンドスピナーで会話を試みるも「持ってない…」で会話終了。
・「アレなの?みんなウォークマンで音楽きくの?」「ウオ…?」「俺の時はカセットだったよ、ツメを折るとこう、もう録音できなくなるんだよね」「…?」「君たちは知ってないとダメだよォ!!!!!ソニーだろォ!!!」
 
・結果発表・目録を持った王子登場。意気込みをどうぞ
・「控室で…ぼくの知り合いの糸川ようじろうが、お母さんが来てるって」
「それ投票前に言いなさいよ!」
「しまったしっぱいした…」

「クグロフ選手は?」
「俺の…知り合いの堂本翔平って人は控室でからあげたべてました
「からあげ」「からあげ食べて大丈夫なんですか」「大丈夫でぃ」「大丈夫なんですか!」
 
 
千秋楽は「勝ち越したい」とのクグロフ選手でしたが「それ先に、投票前に言いなさいよ」との的確な突っ込みに「やべーやらかした」って顔になるクグロフ。もはやただの堂本。
集計おわるぞ~ってときに王子が降りてきてちょっとおしゃべりするんですけど、砂原君は台本の流れに無いおはなしをするのが苦手なようで、ほほえましく見守られながら京都(砂原君の出身地)のお菓子の話をしたり、
したとおもったらビスコに元気よくさえぎられたり
 
・自分にあこがれるコンボの28人の子供のために色紙にサインとちょっといい言葉を書いてプレゼントする。
(「粉雪 ねえ 心まで白く 染められたなら」「にんげんだもの」「たかもとがく ばんちょうぼーいず そつぎょうおめでとう」「(あと多分なんかの歌詞)」だったり日替わり)