ダブルピース日記~推しに健やかであってほしい~

地方在住の半茶の間。2018年は遠征できないので何も口を出す権利がありません

まだ屋根は残ってる

私はいま東京にいます。

超歌劇 幕末Rockを観るために

大阪公演4公演から、東京公演にやってきました

現時点(12/2)で前楽のチケットがないというのと、

11/30のソワレは番町ボーイズの公演を見に行ったので全通ではないんですけど

とにかく耐えきれなくてブログを書きに来た。

 

今回のライブはファイナルライブ

こんなにも望まれなくて、こんなにも嘘っぽいファイナルがあるだろうか

手元の未使用チケットの枚数が減って、それよりもちょっと短くなった観劇済みチケットが増えていって、悲しいのか、寂しいのか、通い詰めた達成感でもあるのか、よくわからない

もう昨日の地震も、連日のアイア通いで私のケツが痙攣してるだけかと思ったもん

いろんなジャンルがある。

なにか不祥事があった、時間の経過で衰退していった、もはや「懐かしい」とされてしまった、そんなジャンルたち

でも、幕末Rockは私を卒業でもさせようとしているのかとすら思う。

キャラクターに直接

「自分たちのことを忘れないで」「現実の世界でもがんばって」「みんなそれぞれの世界でがんばってる」「今は現実を忘れて」と語りかけられたのは初めてで、

この感覚は、舞台を完結作品とする、幕末Rockという大きな1つのメディアミックスを前提として生まれた生命体を前にしたからこそ生まれた感覚だろうなと思った

終わってほしくない

こんなに夢中になって、こんなに関係者、制作サイドが楽しそうなジャンルは見たことがない

支給品であろうと、照明さんや音声さんたちが法被まで着て、ペンライトまで入手して、なんなら上演中に笑い声も聞こえてくる

 

これはメディアミックスの、舞台作品だけど、私は本当に超魂團のファンだった。いや、ファンなんだよ。

上演が終わりに近づくと、どこかしらからすすり泣く声や、歓声に交じって涙声でキャラの名前を叫ぶ声が聞こえる。

私はまだ泣いていない。

ほぼ全通なので、どういう演出なのか、どういう展開なのか、セットリストもシークレット部分以外はもう把握してから観劇している。

今回は詳細なレポートは書けないと思う。

ツイッターで終演後にいくらかはつぶやいているので、それを元に書き起こすかもしれなけど、

とにかく、記録と記憶に躍起になるあまり必死さのベクトルが変わるのが嫌で、

毎公演、終演後に呆然として出てくるまで絶叫して、体力を使ってかえることにした。最高に楽しい。

オールスタンディングだった大阪公演。

それこそ冬なのに全身汗だくで脱水になりかけるほどに暴れた。

東京だって、シッティングではあるけど終わることには背中がヤバい。

私は、毎回泣くよりも毎回汗だくになって出てくるほうに水分を回した。

 

あと、これはその日1回しか見ることができない人を大事にしている舞台だと思う。

うまく言えない。

幕末Rockきっかけで、まともに働くようになったし、転職したし、違う土地で暮らしてみたりもしたし、割とちゃんと寝て、食べてをする生活になったし、沢山絵を描いて、知り合いもできて、とにかく一気に人生が楽しくなった。

今はもう人生の予定に死ぬという文字は出てこない

こんなに楽しいことがあって、死のうなんてもう思わん。

他のものに夢中になることはこれから先もあると思う。

でも、幕末Rockほど、もてる全てをぶつけて夢中になれた作品は後にも先にももう出てこないだろうなと思う。

こうやって書いていてなんか涙でてきたから、上演中はとにかくRockな絶大なパワーを浴び続けることで考えないようにしていたのかもしれん

高杉晋作役の糸川君も、ほんとうに、見にきてよかった、微々たるものだけど応援してきてよかった、ほんとうに

糸川君は注ぎ込んだ分だけ仕事で返してくれる役者さんだと思う。

何もかもが最高。これが集大成。でも終わってほしくない。

やだよ~~~~まだアイアの屋根ふっとばしてないじゃん~~~~

とにかく明日は千秋楽

泣いても笑っても千秋楽

あのアイア史上最強の、トチ狂ったやべえスピーカーから直撃で音を浴びて、爆発四散しようと思う

大丈夫、我らのソウルマルゲリータは激辛だから

 

終わらないでくれ幕末Rock 大好きだ

アイアの天井を音圧でふっとばして、続編をスタンディングでできる新しい劇場を作ろう。

とりあえず前楽のチケット並ぶわ