ダブルピース日記~推しに健やかであってほしい~

地方在住の半茶の間。2018年は遠征できないので何も口を出す権利がありません

劇団番町ボーイズ The Live ~クリスマスも顔がいい~

ひっ・・・ひい・・・

なにかすごいものの片鱗を味わった気がする・・・
終わって、ラーメン食べに連れて行っていただいて、宿に戻って、いてもたてもいられずに友人に電話をかけた・・・
や、いや!普通に楽しいライブイベントだったんですよ!!!
 
これ映像にならないだろうなあ・・・ならんなあ・・・なったらなったで問題だよなあ・・・ワハハ・・・(問題はなかった)
してくれてもいいんですよ・・・番ボさん・・・
 
会場はライブハウスで、場所がすごく入り組んでいたので時間的な問題もあって早々にタクシーで移動すると決めたけど、正解だった・・・
航空チケットとったタイミングと時間との兼ね合いでほんとギリッギリに東京都に到着して・・・もうやだ・・・余裕のある遠征がしたい・・・
到着したらもう長蛇の列 この列がすごい!2017受賞です。
 
新宿村LIVEは会場前の歩道に謎の中央分離帯みたいな植え込みがあって歩道と待機列が分離されていてすごく良かったんですけど
今回は歩道というかほぼ道路に待機、ぐるーっとまわって坂道に待機だったので、クリスマスということもあり気合入れておめかししてたお嬢さんたちの足首がへし折れるのではないかと思いました。(そんなことはなかった。彼女たちの気合勝ちだった)
到着して、開場までに物販間に合わなさそうだったので待機列に回ろうとしたら、よく考えたら整理番号順の整列時間が告知されていなかったので、とりあえずファンをつめこむつめこむ
待機列の後ろでは銀河団のメンバーたちが写真撮影していて、
い、今!?本番直前に!?そこで!?斜面!!と別の角度からのサプライズでした。
去り際にすれ違ったおりべくん良い匂いした
会場のキャパ自体も前回よりたぶん大きくて、時期的に来られなかった人も多分多かっただろうと思ってます。
けっこう余裕あったし、ヒール履いてる人に足を踏まれることもなく、壁際は荷物をちょっと置いておく余裕もありました。
昼は壁際で、夜は整番がけっこう後だったので後ろのテーブルを確保して思う存分にペンライトを3本構えで振っていた。もうただのオタク。
 
そんで今回も物販がトリッキーでした・・・
物販列の知人のご厚意を頂き、なんとか生写真は希望数そろえられたものの、公式の告知にあった「生写真一人3セットまで」の購入制限、「A君3セット、B君3セット」といった購入ができなくて
まさかの「A君B君C君それぞれ1セットずつ合計で3セット」の3セットまで、という制限枠でした。
日本語が難しすぎるのか、私の日本語力がなかったのか、ウーン・・・・!?
クリスマスカードは二色あったけど中身の文章はまったく同じの謎仕様。
でも今回ばかりは助かった・・・個数制限がトリッキーすぎて、人の手を借りなければおつかいを預かった分を揃えられないところだったのでこの仕様に助けられた・・・
整理番号順の整列も、列周辺で待機していたにも関わらずいつのまにかとっくに自分が持っている番号を通り過ぎていて慌てて入場したり・・・いつ呼ばれた・・・?私の耳がおかしいの・・・?
演目は面白くて楽しいのに運営が1ついいところを出したら7くらい悪いところが出てくるタイプの運営なので毎回モヤモヤする・・
運営を見に来てるわけじゃないので行くけどさ・・・公演10回とイベント何回かやってる割にはウーン・・・スタッフさんも同じ顔ばっかなのに・・・
 
キャパとかよくわかんないんですけど、よくわかんないです。
ワンドリンク制、微妙にテーブルあり。トークンではなかったのでチケットなくしそうだった~
コインロッカーはあったけど普通のショルダーバッグとかハンドバッグは入らないサイズなので、ほんとにライブ仕様の格好で来ないと荷物の預け入れは施設側では無理かな
あとトイレが関係者席の後ろを走り抜ける位置だったのがおもしろかった。
絶対に上演中にいけねえ!!!!!笑う
上のフロア(トイレ・関係者席と同フロア)にもカウンターがあって、そこで出番を終えた銀河団の面々が先輩方のわちゃわちゃを見ていたようです。
そこの関係者席?丸見えなのに夢かわ系の女の子が堂々と手すりまで出てきたりしててオイオイ・・・
最悪ファンに刺されるぞ・・・ってドキドキした(どなたかはわかりません)
それはそうとプログラム中もちょこちょこかわいがられるおりべ、見ているかおりべ、私も君が割りと気になっているよおりべくん・・・すくすくと育ってほしい・・・
 
 
オープニング
オープニングアクト銀河団、持ち歌を二曲。今回は土日、冬休み入ったからかな?それと六角はサエさんだけ出演みたいなのでフルメンバーでした。
るいくんがほんと目に見えて成長してる~~~!!!アゴとかいわなくていいよもう~~!!確立してる~~~~!!!
なんだろう、この、久々に孫に会ったような気持ちは。
壁側でゆったり構えてみていたら「銀河団オタク(推し?)の方ですか?」といわれて、えっ?いや・・・否ともいえないしyesともいえないな・・・となっていたら前のスペースに人が入ってきたんですけど、
ライブハウスってそういうルールがあるのかな?わからないけど結構大きな人だったから昼は銀河団あんまり見えなくなっちゃった。
ガチ推しの人が存分に見られればいいとは思うけどちょっとびっくりした~自分の推しが居るときにやられてたらキレてた~許されねえ~
でも占有というわけでもなく、お知り合いさんか何かと順繰りで入れ替わってみてたりしてほんと銀河団終わったらサッと退いてくれたので、たぶんそういう慣習でもあるんだろうな。
こういうフラットな会場だと体格の小さな人は見えなくて大変かもしれないですね・・・アイア並に角度付けろとは言わないけど・・
 
そしてばんぼテーマ(私は今回初めて聞いた。めっちゃ好き)と、過去公演の映像を編集した映像が流れて本OPへ。
葬り去られたんじゃないのかと思ってた初期公演の映像も使われててホッ・・・
スイボの映像ももちろん流れて、遠征直前に2ndのDVD届いてたのに見れずに家を後にした私は既に発狂寸前、あまみだんごが再び見れる。実質タダ。
あ~~~~!!!あまみだんご~~!!!好きだよ~~~~!!!なごみ~~~~!!!!
くそ~~~推し専用ペンライト(キンブレシートが入ってる」を何故家に忘れてきた~~~!?!??!幕末Rockのキンブレ三本持ちしてた
映像がワーッと流れて、そこからはメンバーが3人セットで出てきて、入れ替わりでメンバー紹介のような感じでダンスしてたんですけど、
推しがほんと黒船来航の頃からするとホストちゃんとかを(映像で見ただけだけど)経由して、めっちゃダンスがうまくなって・・・ウオオ・・・!!!
「あっ 推しイケメンだわ」と再確認して胸キュンを味わう。嗚呼、これが胸キュン・・・
まごうことなくイケメンだった。推しイケメンだわ。二十台半ばに差し掛かり、ふとした瞬間(伏目のときだと思ってる)に色気が出てくる推しイケメンだわ
 
そしてまつもとくんはこう、イケイケな振り付けなんですけどなっがい手足をややもてあますようにしながらにっこにこしつつ踊るのでもう・・・
ワ~!天使って渋谷にも降りてくるんだ~!!って感じでした。
んと。メリークリスマス。サンキュージーザスクライスト。
とってもホーリー、とってもキュート、砂糖とスパイスと素敵なものでできてるのかあの人は。宮崎おっかないな。
あの笑顔で浄化されるよ色々と・・・
 
開演が前回のライブ同様押してしまったんですけど、オープニング群が終わって出てきた推しにいきなり遅れてごめんなさいされてシュンとした。
ファン側の列進行が牛歩だったわけでもないのに、整番の呼び出しも満足にできない・入場列成形のカッチリした案内も無い状態をメンバーはどうにもできないし、
そりゃ運営とメンバーひっくるめて「主催者」かもしれないけど推しは謝らなくていいんだよ・・・いいんだよ・・・
 
そんで昼の部で準備中の前説のときに立ち位置を奥に引きすぎてスタッフさんに「もうちょっと前」「もっと前」「もうちょい」って感じでよちよちと前に出されるのがなんかかわいかった・・・
「かわいい」って成人男性に言うのもどうかなと毎回思うんですけど、かわいいしか出てこないんだよなあ・・・
夜の部は一発で正立ち居地に立っててスッスッと進行。こういうとこ好き。
簡単にプログラム説明して、チーム戦なので投票があります~との旨。QRコード・・・全員がスマホであること前提の時代になってしまった・・・
 
今回は対戦形式で、「コント」「パフォーマンス」「クイズ」の3本勝負。合間のセット時間に会場に設置した質問ボックスからの質問コーナーを挟む。
昼の部はバタバタしすぎて質問ボックスいれそこねた~けどこれについてはまたあとで書くけどほんとマジ・・・あああ・・・
 
・コント
白チームはすなはら・ふたば・まつもと・どうもとでなすなかにし・「取調べ」
これは放送時は別メンバーで、なすなかにしさんが2人入ってます。そこがどうもとくんとすなはらくんかな?入れ替わりで
昼の部は「若手俳優の舞台にも行ってます」とブラックジョークのような台詞が飛び出る。夜の部はなかったよね???
キレッキレまつもとくんがキレッキレ そのギャップはどこからつれてきたの 取調べする刑事役はまつもとくんです・・・
後から入ってくる刑事をふたばくんが・・・
内容はもともとの脚本どおりなんですけど、ふたばくんの関西弁VSまつもとくんの宮崎弁が始まって笑いがとまらなくなった
「~ちゃけど!!!」がかわいいですね。もはや暗号の鹿児島弁とはまた違い、宮崎弁はかわいさが強いので威力も強いです
ふたばくんが本気で関西弁で喋ったらどうなるんだろうか・・・実家での会話とか凄まじそう・・・
すなはらくんは最後にでてくるガチオタ役なんですけど、みたことあるコントだから、わかってるはずなのに、わかってたのに、笑ってしまった悔しい・・・
ちくしょう・・・・あのスピード感からの「おまいつに収束する感じはヤバイ・・・
いつもは割りとサイコな立ち居地に居るどうもとくんが今回かなりまともな(容疑者の役)役だったので、逆に収拾がついて面白かったです
 
赤チームは「デスゲーム」ちわた・かじはら・もみき・にしけん(と天の声いとかわだと思う)
昼はやりきった。笑ってたけど でもアレはわらう やばい。
夜の部はこれが勝敗の決め手になっただろうな、となるくらいのカオスが生まれていた・・・
ハプニングとトラブルが重なり、演者側も笑いが飛び出る始末でこっちも終始ヒーヒーいってるのに、
それと平行して流れてくる天の声(黒幕役)が昼間は普通の悪者っぽいボイスだったのに、夜はなぜかヘリウムボイス(!?)に。いや、フリーザ
フリーザかよ」と思いながら、もうニヤニヤ笑いがとまらなかったんだけど、もみきくんの必ず笑ってしまうパワーをもったねちっこい演技とかそういうのですらひっくり返した
もみきくん、マジな演技、うーん、怪演寄りの人だと思ってるんだけど、「クサい演技」されたらパワーでねじ伏せられて笑っちゃう
 
天の声、やけにヘリウムボイス続行するなあ、って思ってたら、最後の最後に黒幕の名が開かされて、
「おれのなまえは ちわたゆうへいだ」
もう・・・私の負けだ・・・よかった・・・ドリンク持ってなくて・・・絶対噴き出してた・・・
 
・バンド
白チームから。セッティングの間は質問コーナーやってて、後ろでやしろくん(ベースでした)が ボーン!!!って音出しはじめたら終了、くらいの感じ
曲はアンダーグラフの「ツバサ」 ええ~~!!!この曲をふたばのおにいちゃんのあのとろとろボイスできけるんですか~!!?!??!
練習期間がどんなもんかはしらないけど、企画の為に組まれたバンドということで短かったのでは?と思いつつ始まってみたらしっかりと曲が成立してて、やしろくんあたりは練習中に怒られたりもあったと話していたけど別に・・・バンドとして成立してた・・・
るいくん、SB69の時もドラムの当て振りがカチっとはまってて気持ちよかったけど今回は生演奏・・・
未経験とはなんなのか・・・なんだったのか・・・裏で歌ってもいたので大変きもちよかったです・・・
昼でバンド名の発表が有り、その名も「上下関係」
イケメンだらけのクリスマスライブにしては腹筋を刺激しにくるので、ドリンクを持ってなかった自分を褒めたいです。ほんとに吹くから
かと思ったら夜の部との間でやしろくんから異議申し立てがあったらしく、バンド名はサクっと変更。
夜の部では、「下克上」になってました。がんばれティーンズ
 
・ダンス
私ほんと公式サイトの注意事項しか読んでこなかったんだな、ダンス&ボーカルでした
この町で一番強い男・やすいかずまといとかわくんがマイクを持ちパフォーマンス。
ここで多分全員おそろいのパーカーに着替えてたと思う。
開始前のシルエットがギブダンすぎてちょっと笑ってしまったけどいざ始まってみたらそんなことはないぜ、バリバリにかっこいいぜ!!!!
あ~~~~歌って踊る推し~~~~!!!!東京に来た価値ありすぎる~~~~!!!おつりが来る~~~~~!!!!
何度でも言うけどいとかわくんの声が好きでおっかけてるところが大きいのでほんと~~~~~に ウワ~~~~~~!!!!!
イケイケな邦楽に疎いので曲名がわからなかった・・・なんだ・・・なんだっけこれ・・・
推しが・・・推しがキラキラしてる・・・ホストちゃんいきたい・・・(行けないことが決まってしまったので泡吹いて白目剥いてる)
 
・クイズコーナー
残虐ファイト、混沌のぶつけあいでした
2問ずつ、システムはミリオネアで、アイテムとしてミリオネア丸パクリのすがすがしいものがご用意されていて
「テレフォン」:知り合いに電話する
「オーディエンス」:観客の拍手の多さで決める
「(わすれた。チャンスカードみたいなやつ)」:回答のヒントをジェスチャーでもらえるかと思いきやそんなことはない
「50:50」:答えが半分になるかとおもいきや、回答者が半分になる(!?)
な、何一つ助けられる要素がねえ!!!!
笑いっぱなしだったので質問内容と選択肢おぼえてないや・・・
「恋んトスの撮影中にきくちくんがおいしいとおもった海鮮はなに
おおすみくんのハマってる飲物はなに」
おおすみくんがスラムダンクで好きなキャラは」
「ふたばかなめくんの大学の通学路にあったコンビニはなに」
「いとかわくんが体験した悲しいクリスマスとか」
「すなはらくんが昔よくしてもらった実家の隣にすんでたおばちゃんの名前は」
「ふたば家にいたイヌの名前は」
あといっこなんだっけ・・・8問のはず・・・もういっこおおすみくん関連だったっけ・・・?
 
ど~れも混沌の申し子のような選出でほんと 点取らせる気はあるのか?!?!??!?!
観客席も「知らないよ!!!!」って思ってただろうに演者も「しらね~~~!!!!」ってなってたからもうあとは完全に推理と心理戦
騙しあい、うろおぼえの応酬、クイズの概要をわかっているのかきくちくん、飛び出す天然、あまりみたことがないぞおおすみくん
「でもおれマグロ好き」と飛び出す天然、かく乱なのか、天然なのか、あのビジュアルからは予想も出来ないジャブ
テレフォンを使って呼び出されたウラシマンタロウさん(お掃除中)、ふたば家の長男(ゲーム中)が呼び出されたんですけど、
これガチで私物の携帯にコードをつないでの通話で、
でも最初に木原君がわたされたコードが「それで飛ばせるの!?」ってくらい豚の尻尾みたいなやつでコードを探す事態に。
「あったよ」と出てきたのがシールドだったりでグッチャグチャだったしウラシマンタロウさんにイタズラ電話のようになってるし、
いざ繋がって、聞かれた内容は「きくちくんがおいしいと思った海鮮は何か」なのでほんと混沌の申し子だよ!!!みんな~!!!
マンタロウさん(どこで名前を切ればいいんだ)、流石のわけの分からなさに巻き込まれながらも「しゅーじは赤いのが好きだから・・・赤貝!」と答えてくれ、選択。
しかし結局これは不正解、お掃除中のところすみませんでした。答えは多分「タイ」でした
 
 
もしレッドチームがテレフォン獲得したら、いとかわくんがおばあちゃんにかける予定だったみたいです(90歳:アポあり)
 
夜の部のテレフォンはふたばゆう→ふたば家のお母さんへトライ。繋がらず、繋がらず、会場に響くライン通話。
そしておにいちゃん(バンドマン)へつなぎなおすも、繋がらず、繋がらず、
「おれほんとに家族なんかな」と切ない一言まで飛び出し、それでも繋がらず
やっと出た!と思ったら「ゲーム中や」とお取り込み中でした。強い。
「いとかわくんが過ごした悲しいクリスマスはなに」と質問をパス
選択肢が「(認知症の)おじいちゃんに孫だと忘れられた」「好きな子にチョコケーキを作ったが、臭いといわれる」「インフルエンザで入院中」「親がサンタだと知ってしまった」とのなかなかに生々しく悲しい選択肢。
私はチョコケーキのくだりだとおもったんですけど、正解は「親がサンタだと知ってしまった」でした。
ちなみにふたば家のおにいちゃん(長男)は「おじいちゃんに孫だと忘れられた」をゴリ推し、「それしかない、ようじろうくん(いとかわくん?)はわすれられる」名前からしてそんなんだもん、と強火
キャラが強い。突然の通話にも負けない、むしろ火力を弱めない、お兄ちゃん・・・伝説にしたい・・・
 
コンビニの名前が出題された時に糸川君が「それ島根のポプラみたいな」っていってて死ぬほど笑った。弁当がうまいとこな
エブリワンのこと誰かいってたっけ?エブリワン…ミルクパンがうまいんだけど最近大隅周辺から段々と減ってる気がするエブリワン(田舎情報)
 
勝敗としては、昼はホワイトが、夜はレッドがそれぞれ勝者に。
昼のホワイトは加点なしにしても、圧勝。逆に夜はレッドが圧勝。バランスがいい
いや・・・夜の部のレッドチーム、コントで相当おもしろかったから・・・(投票した)
 
バツゲームも壮絶だった。昼夜どっちも胸キュン(ハイパーもみきタイム)だったんですけど
寒そうな彼女への一言だったか、デートの別れ際の一言だったか、そんな感じでそれぞれ昼夜。
ハイパーもみきタイム(勝手にそう呼んでる)って、ばんぼ箱推しガチ恋のもみき君がメンバーにファンサをしてもらってホクホクする時間の事なんですけど、
この胸キュン、彼女(好きな人)へ向けての設定なので彼女役が必要で、「じゃあ誰か彼女役」と聞くたびに元気よく挙手するもみきくんが見れるんですね。
イケメンたちのクリスマスイブイブの胸キュンをかっさらうもみきくん。許されて余りある。
 
こ、ここだったかな~!?ハイパー5月生まれコンビタイム・・・
レッド、ホワイト、それぞれ昼夜で一勝一敗なので当然どっちもバツゲームだったんですけど、
寒そうな彼女への一言ではまつもと君に対していとかわ君使命、ベンチに座ってる想定の空気椅子で寒そうにするいとかわくん、
そっと肩を抱くまつもとくん(私の幻覚かもしれない、気にしないで)
「お、おれもさむい」
 
エッジがすさまじい一言だ。ある意味ときめいた(こたつをプレボに入れたい)
 
攻めていかないと、とエッジの聞いた回答
 
一方レッドチームのいとかわくん、デートの別れ際の一言?ってお題でこれまでのメンバーと同じくバックハグをかましたんですけど、
私の幻覚かな?最近眼精疲労すごいからな、幻覚かもしれない。なんかバックハグしてたと思ったら瞬きした次の瞬間には抱き合ってた気がするんだけど、
東京という摩天楼が私に見せた幻だったのかもしれないので気のせいかもしれない。
もう台詞何言ってたかも飛んだ。覚えてる方いらっしゃったら教えてください。
 
違うチームなのに何故か一箇所に固まってスクリーン見てたり随所でハイタッチしたりハグしたりで、嗚呼、男子高校生、って感じでした
素直なことをいうと「あれは営業、あれは営業、あれは営業、あれはファンサ」って言い聞かせて隣の同行者に喚いて男子高校生みをどうにか逃がそうと必死だった
でも推し二人が一箇所にかたまってくれると目が2つでも足りるからありがたいね
 
今回はバツゲームはセンブリじゃなかったんですね、クエン酸とかでもなかった。クリスマス仕様かな・・・
 
 
そしてそれぞれ告知して、かとおもったら・・・「速報!!ばんぼライブ3月18日!!!」
ッカーーーー!!!!!やるんか~~~~い!!!!!本公演の告知かとおもったけど~~~~!!!!そっちか~~~~!!!
ウッ でもうれしい・・・!!!!!いぎだい・・・おやすみ・・・おやすみとる・・・ウエエエ・・・・ウッ・・・グスッ
 
告知が先か歌が先か曖昧になってきた。
ばんぼ、色んな歌がありますよね!!!
とここで「天下統一恋の乱」を披露!!!幸村姫だけど「しんげんざまああああああああうああああああ」って声出た。
信長・小十郎、利家、謙信など不在でしたがそれを誰がカバーするのかも楽しみの一部。
ちょっと曲の順番があやふや・・・完全に脳内麻薬キマってたからなあ・・・
 
天下統一恋の乱を不在メンバーの部分をカバーしながら歌い、
ギブアップダンスから一曲(公演見てなくて生で聞いたのは初めてだったので「ダセエ!!!!!」って爆笑した。すみませんでした)
ニーテンナナゴーから一曲(宗教みたいで楽しかった。推しの背後にずらーーーっとならんだメンバーの最初の部分での視線が氷のように冷たくてヤバかった)
フォロワーの歌詞のとこで「おかげさまでフォロワー一万人です!!!!」みたいな事言ってて・・・ウエーン!!!おめでとーーー!!!!
マネキンライフから七ツ星デパートの曲(楽しいのに切なかった。ライブだから尚の事かもしれん)
4曲だっけ・・・うーん・・・
 
あ!!!スイボの曲なかった!!2ndのOP!!!「休憩は 挟まない」とか歌っておきながら休憩はしっかりあったアレ!!!
カルタード王国の歌でもよかったんですよ・・・あの中央でだんごが囲まれるやつ・・・
 
そしていつものウィーアーバンチョーボーイズ
相変わらずまつもとくんはほんとニッコニッコしながら楽しそうに踊る・・・うう・・・尊い・・・
推しもキメキメで踊る・・・うう・・・尊い・・・
左右にスイングするところでまつもとくんがにゃんこスターを始め、ウッ!!!!可愛い!尊さをはらたいらに3000点!!!ってなってたのに、
それに気付いてかいとかわくんもにゃんこスターと化し、右と左でかわいさの集合体が生まれていてどっちにむかって拝んだらいいのか分からなくなった
く、くう!!!!!愛らしい!!!二十台半ばの成人男性ではなく、聖人男性!!!!そうだったのか!!!!
 
歌詞の「このままずっと朝まで 踊り明かそう」みたいなとこめちゃくちゃ好きなんですけどアレなんなんですかね。「やば」としか感想が出てこない。
私、推しを見てるときに手を胸とか顔の前で組んだりあわせたりするクセがあるみたいなんですけど、今思うとそれって完全に拝んでるよね。
なんだろう、ありがたい仏さまを見たときのような感じ。合掌。ありがたいものを見た。
 
「イケメンだらけのクリスマスパーティー的なライブとかどう楽しめばいいんだよ、キラキラ女子に囲まれるんだろこれ」と
滅茶苦茶すさんだこころで行ったんですけど、もうなんでもいい、たのしい、すげえたのしい
イケメンをイケメンと思わぬ所業というか、自分たちから「イケメン」というくくりに火をつけて燃やしてそれで肉を焼くような感じの集団なので
普通に大笑いしてときめいてヒャーーってなって楽しかった。
あっ・・・行ってよかった・・・満足・・・
 
 
いとかわくんは
相変わらず後頭部がまんまるでかわいい。ふわふわしてた。ティーカッププードルみたいだった。
役柄のない状態の推しを見るのが久々すぎて(ばくろとかSB69は先輩方に囲まれてたし)、すごくのびのびとしてイケイイケせ押せ押せだった(私は語彙力がない)
なんというか、いつにもまして作画がよかった。そう、作画がすさまじく良かった。輝いてた。プリンセス×プリンセスかバジリスクの版権並みの作画だった
あと一瞬おそろいかと思って二度見したセーター、いとかわくんはジャストで、まつもとくんはゆったりの萌え袖なのがすごく・・・好き・・・これが・・・萌え・・・!!!!
よく見たらぜんぜんちがったけどおそろいかと思って何故か非常に焦った。そんなことはなかったぜ。ほんと。
クイズ中の「ひらめいた!」みたいなときは大体特にひらめいてないので状況が進展したりはしなくて逆に面白かった。好き
おいしいものを沢山たべてすこやかに眠って健康に楽しく過ごしてもっともっと高いところに登っていく姿を見せて欲しい。
 
 
まつもとくんは
うわっ天使だ シロクマさんだ!!!
白いニットが井上和香並に似合う成人男性だった。あとうなじが綺麗だった。
まつもとくんは、多少薄暗いところに居てもわずかな光を吸収して光を放つタイプの人なのでこの日もとても真珠のように輝いてました。
OPのダンスを私は初めて見たんですが、すらりと長い手足で踊られるともう・・・なんかすごい。すごかった。
そこにあのにへーっとした笑顔までついてくるからヤバイ。踊ってるときもニコニコしてるのヤバイ
でもメンバーへのツッコミは冷静だったりコントのときは完全にスイッチが入ってキレッキレだったりとヤバい
まつもとくんの役柄による温度差で北極の氷が割れる。そこがいい。
 
どうもとくんは
手はもう大丈夫なのかな・・・よく見えなかったけど特に固定しているような様子もなく・・・外したのかな
白チームだったのでまつもとくんとワンセットのようにしてワイワイしてて、なんだろう、大ボケしたりスベったりとかはしない人だと思うんですけど、
ただそこに居るだけ、という時間が発生しても存在感がすごい・・・重い・・・(体重ではなく)
最近ファンからカロリミットだったか、とりあえずダイエット補助食品が送られてくるようです。(いとかわくんは糸ようじが送られてくるそうです)
 
ふたば ゆうくん
かなめくんは別仕事で不参加です。
あいかわらずセクシ~!セクシーが周囲に振りまかれている。
しゅうじくんの「しっぽり」発言の時に己を律して裏に消えたとき笑いすぎて死ぬかと思った
エロ担当のお兄さんなので、セクシー発言は引き受けるお兄さん、
質問コーナーのフリーなところでみんなのサンタさんとして布団まで行く発言をしても許されるセクシー
個人的な見解ですけど、この人は脱いでるとき(ヘラクレスときよりも着ている時のほうがなんだかセクシーな気がします。
黒のハイネックのリブニットとか着てくれないかな、セクシー!
 
今回の注目度高かったのはもみきくん・・・
もみきくんだけ、ちょっと番ボの中で方向性が違うような人だと思ってるんですが、(個性の方向が違う)、フリーダムな人だった・・・
コント中もパワーありすぎてもみきくんがスイッチ入ると何かよくわからないけど笑ってしまった。強い。
質問コーナーの「おすすめの勉強方法は?」で、会場から「英語が苦手」と拾うと、
「好きな映画を字幕、音声、それぞれ切り替えて観ると覚えやすい。聞き取りもできるようになるしスラングとかもわかる」と滅茶苦茶まっとうに応えてくれて・・・なんだ・・・彼は・・・
 
胸キュン寸劇(?)を披露のコーナーでは率先して女の子役に挙手して乗り込み、もみ子ちゃん・・・かわいいよ・・・
正直、メンバーの胸キュン披露よりももみきくんの胸キュンしてる姿の方に目が行ってしまって「かわいい~!」と口走ってしまった
もみきくんは・・・アレだなあ・・・どのファンも納得の番ボ箱推しのガチ恋だなあ・・・
いい・・・もみきくんなら・・番ボから、彼らからふりそそぐファンサや胸キュンのすべてをもっていかれてもいい・・・!!
それくらいもみき君へのファンサ回でした。ばんぼのメンバーみんなもみきくんとチェキ撮影してあげてほしい
 
はやてくん
はやてくんを生で見るのは、ギブダンを現場で見ていないので・・・あれっ前回のライブ以来・・・
笑うと満点かわいい。ばんぼをよく知らない友人に見せて、「はやてくんかわいい・・・」と言わしめた癒しのオーラ。
でも脱ぐと凄いんだろ、ってそのギャップもすごい
アウトドア派な女の子が好き、とかノースフェース(たぶん)がすきとか、靴のサイズも流れで披露した
この子もなあ、ずっと笑顔で居て欲しい・・・健やかであれ・・・
 
きくちくん
あっ!!!天然だ!!!「天然ボケ」ではなく、天然。あの・・・鉱脈から発掘されたばかりの大粒の宝石みたいな・・・そういう「天然」
見た目がほんとシュッとしていてりりしいお顔立ちの人なんですけど、ひとたび口を開くととってもやわらか・・・
あまりに発言しなさすぎてクイズ中の発言権を奪われても、発言権奪った側に「やさしい」との声が飛ぶくらい喋らない
喋らない、っていうか、たぶん元来後ろで「うんうん」ってやってるタイプなのでは・・・
うわー、でも立ってるだけで絵になるなあ
お見送りサーキットの最後に立ってて、来場者におみやげのお菓子を配ってたんですけど、ちょっと見上げたくらいじゃ目線が合わなくて焦った(背が高い)
 
ちわたくん
ヘリウムじゃないよ!!!ぜんぜん!!!いつものちわたくん!!
この人普段は物静かな人なのでは・・・?タッパがあるのでメンバーの後ろに回ってもお顔が見えるありがたさを持っている
コント中、コントの設定的に主人公タイプの演技をしてたんですけど、ちわたくんはさわやかなのに暑苦しいのが似合うのは何故なんでしょう
ヘリウムボイスといわれていたけど、どこにいても「あ、居るな」と耳に入る、思える声は貴重なのでヘリウムのままでいてほしい。
 
にしけん
ありがとうにしけん。全ての調律者にしけん。
どんなとちらかった場面でもにしけんがいるとなんとか纏まる、不思議なパワーがある。
コント中によく物理的にも状況的にも追い詰められる。
そうだ!指競馬見れた!!!!客席からのリクエストだったか質問でもリクエストだったかは忘れたけど「ミーーギーヒーーートーーサーーシーーユーービーー!!!」が面白すぎてやばいマジで・・・
でも立ち姿とかお芝居の様子見てるとこう、うまくいえないけど、板の上に立つ人としてしっかりしてるんだな・・・ってなる
 
この町で一番強い男
あんたがスターだ・・・!!!!(略してあんスタ)
ダンスパートではすごく目立ってた。元々そういうグループで活動してるからだろうな、すごく「映える」人だと思った。
やすいくんの演技を生で見たのは・・・?マネキンとクローズ・・・?この人も切り替えスイッチがパチっと付いてるタイプの人だ!!
ライブの最後、退場のところで最後までステージに残ってるかと思ったらいきなり輝きだして(オーラ的に)
戻ってきたもみきくんにひきずられて退場していった。ありがとうこの町で一番強い男。
 
るいくん
初めて見たのは甘くは無いぜ1stだった気がする
なんだろう・・・年齢的にももはや弟って感じだったんですけど、彼も現場を経るごとにどんどん成長しているというのがわかる・・
推しの方だったらこの成長、かなり嬉しいんじゃないでしょうか。
しょうばいろっくの時も、ドラムの当て振りが「あれ、ドラムやってた?」って感じだったのに今回は生演奏+コーラスでほんとにほんとに叩いてる~!!
未経験なのかなほんとに、やってたでしょ、って感じです。
推しの方、彼が躍進を続けてスターダムを駆け上がっていく姿に是非「君は伸びると思ったよ」と言ってあげてください
 
すなはらくん
あ~~~~~~~!!!!!まつもとくん、ふたばゆうくんとは違う方向のフェロモンお兄さんだ・・・
クイズコーナーとかで、スペースの関係上、左手手前のスピーカー前でもたれるようにして立っていたことが多かったと思うんですけど、なんかもう立ち姿がただの美女だった。
隣の家の憧れのお姉さんとかそんな感じの雰囲気。転んだときに「大丈夫?」って声かけられたら初恋になっちゃうタイプのお姉さんって感じ。
 
私が見えたのは夜の部?だったと思うんですけど、バンド演奏のときにギター持って髪をバサーッ!!って振り乱してウオオオ・・・!!ってなるところ(伝わってくれ)
とかもはやただのロックスターだった。自慢のロン毛が活きてる!!!!!!!!かっこよかった!!!!!
ばんぼちゃんたちが配信を頻発してたときも、稽古も忙しいだろうにしっかりと時間予告や変更の告知をして、コメント読みながらリクエストに応えながら、弾き語りをして・・
なんだろう・・・すなはら君安心する・・・ 
私、若手俳優の配信やツイッターサービス残業だと思ってるんですけど、すなはらくんの配信が心地よすぎて「マスター、いつもの」って感じだったし
次の公演のチケットをいつもは推し指名で全部取るのにすなはらくん指名も混ぜてみたりした・・・
すなはらくん、映像のお仕事もあるので見れるのが嬉しい。年明けか~!たのしみ
 
やしろくん
ぎんがだんフルメンバーおめでと~!!!!
彼の脳内は小宇宙(コスモ)だと思ってるんですけど、胸キュンの場面で「さむい・・・」という彼女に対して己の坊主頭を指し「俺の頭の方が寒い!!」って言い出したときには私は反則負け(私が負けた)した
くそっ・・・絶対来るだろうって思ってて構えてたのに・・・!!!!勢いに押された・・・!!!!
やしろくんが舞台に立つところになかなか遭遇できないのですが(クローズはやしろくん回でした)、坊主にできる潔さ、てにみゅという大所帯、大舞台に立つ胆力、
まだぜーんぜん若いのにこれからどうなるんだ・・・!という将来が楽しみな子です。
 
もうほんと何されても「顔がいい~~!!」という感想です。
「顔だけかよ」ってことじゃなくて、やっぱりパッと目に入ってくる情報として一番最初に来るのが「顔がいい」なので、そこは間違いないんですよね。むしろ人に紹介しやすくて助かる
ホワイトチームVSレッドチームっていうか、潜在する狂気チームVS黙っていれば完璧なイケメンチームだった気がする(ごめん)
まつもとくんといとかわくんのキャッキャに「もうそういうのいい!!おまえらそういうのいい!!!」とストップが入ったり、
「なんで俺たち別チームなんだろうね」となってたり、それを囲んでやんややんややってるところもほんとに男子校・・・
男子高校生の日常を覗き見しているような背徳感がある・・・
 
ほんと色々と限界状態で当日を迎えてしまって、推しにおてがみは書けたけど注意事項しか読めてなくて・・・
お見送りがあるって会場で初めて知ったので、混乱と恥ずかしさのあまりSB69のお見送りと同じように走り抜けてしまった・・・くそ・・・
推しのことを割りと二次元のような感じであがめているので、お見送りとチェキとかでこちらに向けてなんらかの反応を返してくれる状態なのがほんと慣れなくて・・・
会場(地下)から上がってきたらきれいなメンズたちがクリスマス仕様でお出迎え・お見送り~でほんと卒倒しそうになったし、
進行方向に沿って進んでいったらちわた君が実際に間近でみたらでっかくて、
「あっ!180CMでっけえ!!」って思ってそのまま「生で見るとでっかいですね!!」って言った覚えがある。多分それはそのサイズ感は本人も知ってる。
まつもとくんはほんとなんかマシュマロを成人男性にしたような感じで「うわっ かわいい!!」しか言えなかったし、
推しにも「ウワー!!お疲れ様です~~!!メリークリスマス!!!」って言って走り去って逃げて最後に待ってるきくち君から配布してるお菓子をもらったところでようやく正気になったくらいだから、
人は美しいものとかわいいものを限界まで浴びると脳が処理落ちして言語と判断力まで失うのがよくわかった。皆さんよくおしゃべりできますね・・・?
砂原君は間近で見たらすごく綺麗なお兄さんで、とにかく脳が死んでた昼の部においては「わっ美人!!」しか言えなかった
クローズの感想とかさあ・・・!!!!!!ばくまつろっくの感想とかさあ・・・!!!!!!ほすとちゃんとかさあ・・・!!!!!くろこのばすけおめでとうございます!!!!とかさあ!!!!!
言うこと一杯あったのにさあ!!!!!!自ら光を発するほどにまばゆく尊い推しを前にしたらさあ!!!!!!いえないよ!!!!!だって当日の記憶すらおぼろげなんだもん!!!!
こういう奴(私)のためにファンレターという文化はあるんだな、とかみ締めました。ファンレターに書いたからいくらかは救われました。もういい・・
挙動不審で完全に不審者だけどばんぼのファンなのは確実だから許してほしい。私はキラキラにはなれない。
 
夜の部はまた別の事件があったんだけど
 
「夜の部こそ人間の言語を喋るぞ」とせめて舞台の感想くらいは言おうとしてたんですけど、また美しいメンズたちの奔流に飲まれておぼれて死ぬところだった。あぶな・・・
まつもとくんに「クローズおつかれさまです!」くらいはいえるだろうと思ってたのにこの私クソオタクときたら「宮崎弁わっぜぇかんわいかったですぅ・・・アヘェ!!!」って田舎者丸出しになった上に
ま「わっぜ・・・」
私「アッ かごしまからきました」
ま「あ~~あの~~」
私「(そうだ前に鹿児島のお酒をプレゼントボックスに入れたから、もしかするとそれで記憶にひっかかってるのか)」そろそろ剥がされるな~と思いつつもまつもとくんが読み込み中なので待ってた
 
 
ま「ブログかいてるひと~」
 
 
とかそんなかんじで急に爆弾落とされて(もはや記憶が定かではないのですごくぼんやりと書いてます)、「人違いです」とも言えずびっくりしすぎて私の顔面のパーツあの時全部おっこちたと思った
丁度剥がされたのでそそくさと逃げた。サーキットのようだった。「月刊オーディションのチェキあたりました!」くらいでお茶を濁したかった。
完全に頭が真っ白になって、推しの前も剥がしの勢いで流されていったので「ばくまつろっくさいこうでした~!」ってペンラを振って走り去るしかできなかった。
いいよ、どうせ人見知りのオタクだからまともにおしゃべりなんてできないしさ・・・いいさ・・・お手紙を・・・書いたから・・・
推しを二次元だと思ってる(絶対に超えられない垣根がある・接触はできないものというのが当然)なので、自分の事お話できなくてアピールできなくてくやし~みたいなのは無いんですけど・・・
おお・・・?おお・・・
いや、私の幻聴と幻覚かもしれないからまあいいか もうなんか遠い日の記憶のようになってるし オッケー
インターネットの広大さをかみ締め、腹をくくったのでこれからも推しのいいところと欲望にまみれた記事を書いてきたいと思います。よろしくな!!
 
夜の部はやしろくんからお菓子を受け取りました。やしろくんもきれいなお顔だちしてるし肌めっちゃきれいでお人形さんみたいだった~なんだこの集団は~造形師に神を雇ってる海洋堂かなにかか~??
そして硬直しながら会場外にいた同担の知人のもとへ行き硬直しながらずんどう屋に連れて行っていただき(ちぢれ麺に背脂が絡むのめっちゃおいしかった)、宿に戻り、友人に電話し、私は・・・静かに息を引取ったのでした・・・
 
 
元々このブログ、必要以上推しの名前を連呼して「検索にひっかかって気になってくれる人を一人でも沼に引きずりこんでやる」という勢いで始めたものなのでエゴサとかにひっかかってもなんの不思議もないんですけど、
いざ本人から言われるとマジで顔面のパーツ全部ふっとぶくらいの衝撃がありますね。
この世でもっともうなじが美しい男、松本大志を宜しくお願いいたします。霧島酒造さんとかCMに起用してくれないかな!?!??!「同窓会編」「おうちでまったり編」「カウンターでほっこり編」とかで
 
この年末、運よくリプライに返事を頂いたり、雑誌のまつもとくんチェキ(ポラロイドっていうの?)が当選したり、質問を読んで、回答もらえたり、個人的にはまつもと感謝祭のようなところがあったので、なんかもうなんも言えねえ・・・
あっ・・・いとかわくんもまつもとくんも推せる・・・いや・・・もうばんぼの皆さん健やかに・・・どうぞ健やかにお過ごし下さい・・・祝福あれ・・・
 
そして翌日の早朝に、成田エクスプレスに乗る前にカラオケの鉄人でほんとのラストチャレンジ、慶喜ドリンク2つをテイクアウトして乗車・・・
コースターを見ると、龍馬さんと、それまで幾度通えど出てこなかった桂さんコースターでした。
その他のコースターは全て揃っていて、桂さんだけいませんでした
これで、超魂團もそろった。なんだか、私の超歌劇遠征がほんとうのほんとうに終わった気がします。
そして私は成田空港から鹿児島へ。そして出勤へ
 
このブログ記事、帰ってきた翌日から投稿までに日を跨いで書いてるので内容が重複してたり、気にする余り表記がひらがなになってたりなってなかったりするけどもう気にしないで欲しい。
とにかく疲れた脳にこれ一本!!!ってかんじで凄まじいものを流し込まれた。
 
なんか・・・濃い遠征だった・・・滞在時間は24時間無いんですよ。12:00着で翌日の八時にはもう出発してたんで・・・
2017年、思い残すことはありません。成仏した。
ありがとう2017.大好きだよ・・・
くろこのばすけ・・・死に物狂いで休みとチケットとるからな・・・!!!!!
 
おわり