ダブルピース日記~推しに健やかであってほしい~

脳直で物を言う地方在住の半茶の間。2018年は遠征できないので何も口を出す権利がありません

金がねえな

 現場から遠のいて、手元にお金があるので「あれっ何か支払い忘れている…!?」と不安になる日々です。もう飛行機もチケットも払ったぞ!!!

 

 ■

今は昔、 「2000万円の貯金がんばってね」と言われているそうな。

まず老後までに2000万を貯金するのにどれくらいかかるのだろうか?

一ヶ月五万(!?)の貯金としても12ヶ月で60万。

33年くらいかかるらしい。ん?あってる?数字が5個以上並ぶともうわからねえな

33年ってそもそも生きてるんだろうか。

一ヶ月5万で無邪気に計算したけど、一ヶ月に五万円を貯金できる人がどれくらい居るのだろうか。お気づきだろうが半分にすると期間は倍になる。

貯金しきるというわけでもないと思うのでとんだどんぶり勘定で話をしているが、

それでも今20歳の人は33年コースだと53歳になる。

定年ギリギリ、保険ありでも途中で怪我や病気などになれば各種助成を受けても一発アウトではないだろうか。

年金なんかもらえないよ、と言う大人の中で育ったので年金と税金を(保険料君は大好き。病院が安くなるから)毎月のカツアゲとしか思っていない。なので「この野郎」とは思うものの、最初からなかった信用は失えないので怒り以外は無感動だった。

 

利益も出ないのに初期費用とフランチャイズ料だけは取っていく企業のようではないか。

 

初期投資500万!年収一千万も夢じゃない!といううたい文句があったとする

 初期投資は確かに500万、サポートあり。同業者もいる。しかし、しかしだ

売上や収益でなく年収と見ると、月収は割って、ぶれがあるとして80万円台。

ということは店の運営(フランチャイズ料・家賃光熱費手数料など)を抜いて、自分の給料として月額80万円を確保しなければならないという事ではないだろうか?

ならば月間の総売り上げは100万円以上~150万円程度では?

当然ながら職種にもよる話だ。そして「年収一千万」なので、人を雇えばもっとかかる。

単身でやったとしてもだ。月間24日を労働にあてるとすると日割りで62500円?あってる?の収益が必要になる。これが最低ライン、売上が良い日に対して「貯金」という考えは捨てなければならない。

これが回収できなければガラガラと足元が崩れていく。

な~にが年収一千万!だこの、「ただし月間これくらい集客した場合です」って書いとけこのやろう、それが出来ると思ってんのか本気で、といったところである。

 ちなみにこの状態が続くと途中で切る判断をしないといずれ資金ショートして破産する。

 

出された計画、理想、すべてが架空だと思わなくてはいけない。

だいたい、老後に2000万必要!という触れを出して

「じゃあいつも使っていたこの娯楽用の20000円は貯金しよう」となれば、

それを100人がすると200万円、1000人がすると月間2000万円の現金が消費されなくなる。またどんぶり勘定でごめんね。銀行に預けたら運用とか有ると思うけど額面だけ見てね。

 

5ヶ月で一億円分の買い物客が消えてしまう。売上が悪ければ多くを雇ってはいられず、廃棄が多ければ入荷を絞り、人が不足すれば営業時間は短くなり、稼働時間が短くなれば見込みの収益も下がる。そして元気がなくなる。

 

どこにそんな金が、と叫びたい人は叫んでいいよって法律を作りたい。

保障が保障に思えない時代、将来を出されると守りに入るのは必然だろう。

しかし守る盾がない、術がない。どうすればいいのかわからない。

そもそも納税が始まる年齢になるまで税金と年金について考える人間がどれくらい居るのかも不確かだ。私は納めろコールに対して「おう、ハガキきたけどこれ架空請求とかじゃないよな」と真剣に放った事が有る(いい思い出です)

 

「お察し下さい」の悪用をマジでやめて、時給あげて、買い物も貯金もしやすくなってくれないと未来なんてない。

賃金を上げれば「ここで働こうかな」と思える。お金がなくて生きていけないならお金を得るしかないので、どこでいくらで働くのかはかなり重要だ。

介護も、幼稚園なども、人手不足の上に少子高齢化に必要ならもっとそこにいる人材を大切に扱うべきではないのか。何故手取りあんなに低いのか。

思考回路が双方向に独特になっている、働き盛り世代より格段に自分の感情に素直な上に体も比較すればあまり思いのままに動かない人達相手に上から下まで世話しとるんやぞ。しかも自分の身内でもなんでもない人類をよ。軽んじすぎ。

経費が上がると利用できなくなるから、っていうならそこもまた所得が上がれば解決できるんだよな。

積極的に金の話をしないと。いじきたないとか、みっともないとか、そういうのはそれが通じる年代だけで楽しんでくれよ…

金がかかる時代ってわかってるんだからさ、じゃあ払えるようにさせてくれよ…

経済が

年齢×千円が毎日入ってる財布、大企業に入らずとも実現させてくれよ…

でも毎日入ってたら、アホだから毎日幕末RockのBOX買っちゃうな…

オッ…経済が回るな…?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは今日はこのへんで。

次回、「”老後の楽しみ”って言葉がクソほど嫌い」でお会いしましょう

【ネタバレ】「プロメア」を二回見た後の私のメールの下書きです

前情報なしでプロメアを見に来た私「え!?リオ”くん”!?」
 
幕末Rockのオタクに刺さる」と信頼できるフォロワー筋が言っていたので、上映期間がのこりわずかと聞いて慌てて仕事終わりにレイトショーに駆け込んできた。
結論から言うと「すげえのを浴びたな」です。
 
ここから下にあるのは初回・二回目の私がメールの下書きにメモした当時の叫びを合体させたものを誤字脱字のみ修正した物で、誇張や幻覚と私の解釈を多く含みます。
あと書いた時にはパンフレット売り切れてたからパンフレットの掲載情報も知らない状態で書いていました。
興奮したオタクの生のグルーヴを分かってくれる人向けです
 
ネタバレしかないのでまだ見ていないと言う人は読まないで下さい。
「DVDまで待とうかな~」という人は家に映画館と同等の音響や画面がないのであれば6月20日(おおよそ・映画館による)までに映画館で2000円出してチケットを買って観てください。2000円出してチケットを買うと100円玉をもらえます(?)
 
「急にこのページだけ開いたから読んでしまった」とかも受け付けないよ。ページ名くらい確認しな!

レッツゴー茶の間



あれ、と思う。”茶の間”って差別用語だったのか…と。

 

 

推したる俳優を見つけてから2年ほど、推しのツイッターを凝視しチケット取りに奔走し飛行機をぶっとばして観劇していた。
しかしそれももう遠い昔、昨年と今年は「茶の間」を決め込んでいる。
色々と強いられる事に疲れたので別の事(人生の立て直し)を優先させて、今も以前のように通おうとかそういう計画はしていない。
抽選申し込みをしたものの予定の調整が叶わず、可能であった場合には無念と流したチケットも人に渡したチケットもある。
推しの個イベなんかもう当たったのに、当たったのに 当たったんだよ 当たったつってんだチクショー!!(同担さんに託した)
推しがフリートークしたり歌ったり推しパネルがあったって聞いてエーンエーンと声を上げて泣くところだった。いい大人なのに。


それはそうと昨日かおとといにおめでたのニュースが出た。某グループの元アイドルと2.5中心の若手俳優が結婚した。
デキ婚という見出しが大きいが、自分はただの一般人なのでニュースや公式発表以外の情報はしらない。
しかしながら、共演きっかけというのは公に向けての説明用かもな、関係者はとっくに知ってただろうな、
発表している事が全てじゃないだろうな、などと思いながら報道を眺めていた。
セーラー服と教室が良く似合っていた女の子が仕事でなくウェディングドレスを着るかもしれないとなると、部外者ながらドキドキした。

一方でファンの皆様が取り乱されているのは間違いない。私にはその心中をお察しすることは不可能だ。他人事をまた他人事として聞いて欲しい。
みんなの物として共有していた人が、自分(もしくはファン)以外の一人を決定的に愛しているという姿に耐えきる事ができるという方が珍しいと思う。
自分が推しに流していた金がほかの女の為に使われていたと考える人はなおきついのではという事象だ。
私は推しを、こちらを見る事も記憶することもないが収益があり手入れが届いていれば長く展示される、絵画のような物だと思っている。
私のこれも、他人の嘆きも、多様な尺度の中では通る考えでもあるし、同じ背景を明日は我が身と思えばヒスはギリギリ起こさずとも「ヒー・・・」とはなる。

これに関してはこの二人は「知ってるぞその名前」という程度なので掘り下げないが、この関連のまとめやトレンドで、
「茶の間は黙ってろ」という旨の言葉を見た。
「なんじゃらほい」と思った。

*
雑に説明すると、「茶の間」というのは推しをご自宅で楽しんでいる人らの事だ。
「自分は会場に行くほどではないから」という人から「どうしてもいけない、家から離れられない」「現場は怖い」まで色々と内包している層だと思う。

定義やルールはなく、そこがまた厄介だと思う。

 

しかし思う。「茶の間」って言葉はほとんど差別的に使われているのだなと。
私はてっきり「自宅で見る派」くらいな使い方だと思っていたが、案外厳しい使い方をされている。バカにしているも同然のツイートも散見された。
「現場に来ないでファンを気取る連中」くらいの扱いをされていて驚いた。
「そういう意図はない」と言いたい人は自分がどういう場面で使っているのかを振り返ってほしい。
「事実じゃん」と言いたければ、言葉自体を都合よく使っていることに気づいて欲しい。
誰が決めたか分からない言葉なのでどれもが正解でどれもが不正解だと思う。仕方がないが、仕方がないとは言いたくない。

 

「貢ぎ」というビジネスモデルが確立しているがゆえのジレンマかもしれない。
貢ぎシステムが通っている現場のある界隈では、より多くの金額を推しに支払い、より多く時間を使った人間が偉いらしい。
確かに推しが活動を続けるためには収益が必要であり、慈善事業ではないので収益が見込めない商品を延々と置き続けたりもしないだろう。
そこで生き続けるための実際に販売実績や動員実績を作っているのだ。間違いなく貢献しているといって何の差し障りもない。

 

一方で茶の間に分類されている人らは、現場に臨場していないという部分で物販を当日にぶん回したり特典の為に積んだりということはできない。
確かに必然的に、使う金額やそれの変動の自由さは現場に行って支払える人間の方が多大きい。これもまた間違いない事だ。

 

けどそれを「金も落としてない人間が意見をするな」と、黙らせる口実にしているように思えてならない。
「映像も観てないし現場にもいないのに語るな黙ってろ」ならわかる。
肝心要の推しの仕事を見ずにその魅力を語っている人間は推しの本業に対する侮辱も同然なので顔ファン以前の問題だろう。
知ったかぶり、フカし、ビッグマウスなどは論外だ。現場の話が出来るのは現場に行った人間だけいうのもわかる。

しかしながら茶の間というだけで虐げられすぎてやいないかとも思う。「ファンの資格なし」とでも言いたのだろうかと。
好きだという気持ちは課金額が少なければ口にすることすら許されないらしい。そう見える。

*
「ファンの資格」をザ・テレビジョンの真ん中らへんによく挟まってるユーキャンで探してみたけどあるわけない。
どうやら運営が発行しているわけでもないらしい。国家資格でもないらしい。ファンクラブの金・銀・銅ともまた違うらしい。
でも多額の現金を収めたうえでないとファンと名乗ってはいけないらしく、それ無しに「推し」と口にすれば四方から竹ヤリで突かれてルーマニア国境に晒されるという話だ。(そんなことはない)

資格や認定、常に他人からの許しを求めすぎているという視点もある。この界隈に限ったことではないので風土病のようなものだと感じている。

 

ただ、問題行動を起こしたり諸々を憚らぬ行動をするファンは人にそういったランク付けなどを激しくする一方で、
自分の事には病的なまでに無神経なように見える。気にした方がいい人こそ気にしないのだ。
すべてが壊れ物であることを理解して大切に扱っているファンこそ、過敏なまでに「自分は大丈夫だろうか」と周囲を見渡したりしがちである。
誰かに訊ねて、「大丈夫だよ」と言われれば安心できるという局面は人生の内に何度でもあるはずだ。なのでそれもよくわかる。
ただ誰かを好きでいるというだけでなぜこんな不安やストレスが生まれているのかが理解できない。

 

現場ではなく映像媒体を選ぶ、映像媒体をメインとして楽しむ、
そんな人を蔑みの意味で「茶の間」と呼んで捨てる人間が存在する以上は、若手俳優・アイドル、どの界隈のファンの行儀良さや
印象の平均値は一切向上しないと思う。

 

何万、何十万、それ以上を落とす太客の財布も、石油王からすれば小銭入れかもしれないのに
いつからファンがファンを品定めし、選別し、マウンティングし、自分のペースで楽しんでいる人を無自覚に苦しめる事が当然になったのだろうか。
良識ある人は人に発行元不明の資格やヒエラルキーでの位置確認を押し付けたり同調を強いたりはしないのではなかろうか。
良識を失った人間の声はなぜかいつも無駄に大きく、その声のでかさゆえに善良な人々を委縮させているのではなかろうか。
自分だけが楽しければいい、で続けた先には何が残るのだろうか。

 

ガンガンに全通してた時と、一切臨場できていない時期、それ以前のそもそも収入がなくグッズ購入もできず県外にすら行けなかった時期、それぞれを通って来ている。
そのため視点がふらついているのが自分でもわかるが、とにかくやりきれない。

 

この国だけでも南北にバカでかく、億通りの人生がある。
フカしや虚偽、違法視聴や無銭でリプライにのみ励み認知を狙う奴は別として、
好きな物(人)が今も元気に活動していたり存在している人は
他人と自分を比較したり他人を比較しなきゃ自分を持ち上げられない人間なんか無視して楽しく過ごして欲しい。
そなたは森、わたしはたたら場、十年以上前にもうその考えは世に出ている。

 

難しい事だと思う。簡単な事であれば私なんかに言われなくてもすでに出来ているだろう。
双方、腹が立つ事も多いだろうが、もっとファン同士に無関心になればいいのにと思う。
好きな物の話をしたくてもファン同士で作った勝手な壁に阻まれ、逐一様々な感情や言葉に晒されなければならないのは悲しい。
推しに対する好きという感情だけ持っていればいいはずなのになんでこうなってるんだろうか。


自分から「茶の間」と言っている方々は「現場いけないけどここで見てるよ~」という感じだろうなと勝手に思っていた。
静かに推しと向き合える空間を自分で確保できるというのは、かなりの贅沢なのではとも思う。
体調を崩して、今も原稿が完全にストップしている。思わしくない体調が続いているからこそより思う。
現場への臨場は、自由にできる現金(及び支払い能力)、終日まで持つ体力、確約された休日…
ほかいくつかの要素が全てではなくともある程度揃っていなければ無理なのだ。


そして自分が現場から遠のいてから、「でもやっぱ生で見た方が…」と思っていたそのスタイルにいいところをみつけてしまった。

DVDを入手するまでの期間におあずけを食らうのは辛抱するしかないところだが、とにかく自分の都合に合わせる事ができる。
仕事で精神がクソほど擦り切れていて「今なんていったかわからなかった」なんていうのも巻き戻しが利く。
水分摂取(私は水分が抜けやすいので二時間の断水は死活問題なんだ)も、尿意も、体調が思わしくない時のアクシデントも、
「もしかしたら」「万が一」なんて不安もなく誰にも迷惑を掛けずに気楽に推しの作品を楽しむことができる。
家からなかなか離れられない人なんかはそれ自体にある不安がそもそも無い状態で鑑賞できるのではないだろうか。
時間がギリギリということも駆け込みももちろんないので誰かの前を横切ったりドタバタすることなんか一切ない。

加えて、ファン由来の不愉快さとも無縁になれる。
キャストが冒頭で言っても聞かないスマホの電源、アラーム、着信。
じっとしていられなさすぎる奴による物音や体の動き、視界を遮られる事もない。
禁止されているはずの飲食もないし。自分は自宅にいるので飯を食いながら見てもよい。
(余談だが、隣の席の客が上演中に思いっきり水筒から水を飲んで「駄目っすよ!」って言ったら「良い良い!大丈夫!」と言われて帰宅後に即ブロックした事がある)
咳払いも連番している人らのお友達同士の無神経なおしゃべりも、推しへのアピールも見えも聞こえてもこない。

もちろん、現場へ行けるなら行きたい。しかし快適すぎた。私は演劇が見たいので、この上なく集中出来て嬉しく思った。
クソ~!!こういう楽しみもあるんじゃん~~~~~!!!って

 

推しのファンである以上は人の不幸や事件を喜べる人間にも、誰かを見下す人間にもなりたくない。
それができる人間がファンにいるとは思われたくない。
何かを下げないと何かを自慢できないような人間にもなりたくない。
自分が上がっていけば周囲は勝手に下がっていくのに、そうしないと上にすら行けない人なのかと悲しくなる。


ほんの短い期間通っていた人間の事など推しの記憶に残っていなくて当然なので、認知願望や貢ぎ金額を気にしたことはないが、
ちょっと本当にあんまりだと思う。
現茶の間であろうが臨場してようが、上のような流れがあって、それが他界隈に漏れたりして、推しが把握していないところで推しの評判をひとかけらでも落としたくはない。
ええかっこしいだとか、偽善だとか、なんと言われようが構わない。


憎むべきは無課金、円盤すら買わない、執拗なまでの無課金や公式への直接支払いなくお安く済ませてキラキラ推し生活を演出している連中と、
「●●だからいけないけど応援してます」という意味不明な「じゃあ仕方ないね」と思われたいのかというリプライを飛ばす連中ではないだろうか。
あと引退のお知らせした途端に「好きでした」っていう連中ではないだろうか。活動してるときに言ってやれよ。

 

お茶の間で円盤を見て「推しやっぱいいなあ」と思ってる人には「その推し、現場だと汗の一筋までキラキラしていてより輝いてるぜ」と言いたい。
自分は現場には行かなくていいかな…円盤で…と思ってる人には、「円盤を正規で買ってるから最高じゃん…」と言いたい

 

時間を割いて、お金を使って何かに真剣に打ち込めるなんて、オタク界隈では珍しくないかもしれないがかなり難しい事だ。すごい事だ。
私はそのすごいを、素直にすごいと言いたい。

 

このブログに国語力を求めて読む方が間違っているので、この記事も思いついたままで投稿しようと思う。
楽しいオタクライフ、遮っていいのは冠婚葬祭と天変地異だけよ。(遮らないで欲しいけど)

 

 

 

 

ツイッターのミュート機能を活用しろ人類

人間とは、本人の自覚なしにもダメージやストレスを受けているものでありふとした時にそれが噴出して一気に落ち込んだりする
オタク諸氏はSNSを有効活用して発信や受信に勤しんでいることだろうが、「野球と政治の話はするな」はいまや昔の話。


私も快適に萌えを効率よく抽出して吸うためにTwitterのミュートワードを設定している。
「ミュートした」でTwitterに検索をかけ、そこからピックアップしたものや私自身が
「ちょっとこれはな」「見ていて疲れるな」と思ったワードを個人的に集めた。
おおまかな分類のみであり五十音など親切なつくりにはしていないので、それぞれのカテゴリから抜き出したり自身で枝分かれさせて登録などすればいいと思う。


きもちのよく無いツイートを見ないようにする機能というと
いいねの表示を制限する「suggest_activity_tweet」と、「ユーザー単位でのRT非表示」も併用するといいかもしれない。
手当たり次第、TLに見えた順にやっていくのは面倒なので一気にやっちまいましょう

なお、この記事は個人の意見や受け取った印象と上記の検索ワードより抽出したワードを思いついた順・拾った順に掲載しており、
「批判する」「批判されている」両方の話題やワードをTLに表示しないようにする目的であり、
それぞれの発信者及び該当する人種や所属先、個人を批判するものではありません。書かなくても分かってるよな。


分類ガバガバだけどとにかくガラスの心のオタクが健やかに過ごせるTLにしていきたい

またなんか見つけたら追加します

 

■衛生
鬱(または欝)
死にたい
生理
サニタリー
うんこ
手術
メンヘラ
リスカ
手首切った(表記ゆれ:切る)
妊娠
マタニティ
赤ちゃんがいます(表記ゆれ:居ます)
中絶
流産
ADHD
発達障害


■性的・性別・及びそれらに関する表現
ホモ
ゲイ
レズ
バイ
オフパコ
すぐ会える
ヌける
デカマラ(ちんちんでてくる)
リングマラ(ちんちんでてくる)


■拡散・宣伝
拡散(もしくは拡散希望 )
RTお願いします
フォロバ100%
相互希望
RTした奴
RTした人
好きはRT
RTで
いいなと思ったらRT
な人RT
つながりたい(表記ゆれ:繋がりたい)
有名にして
したらやる
いいねした人


ネットビジネス
現金を
高額収入
情報商材

 

■批判・ほか
老害
アンチ
キチママ
ガイジ
不謹慎
厨(正しい意味での”厨房”が含まれる可能性あり・個人レベルでのミュートがいいかもしれない)
ヘイト
レイヤーの愚痴
気持ち悪い
():人種
キモい(表記ゆれ:きもい)
クソ
ゴミ
死ね
キッズ
ガキ
ミソジニー
ヒス女
男尊女卑
産む機械
トメ
コトメ
発言小町
鬼女


■政治及び関連のニュースワード
嫌()   ()には国の名前や人名など
徴用
差別
()は  ()には国の名前や人名など
米軍(楽しい公式アカウントまでミュートしてしまう…)
立憲
右翼
左翼
():政党名前や候補者・政治家の名前など

 

■事件事故
被告
裁判官
危険運転
殺人事件
虐待
致死
暴行
いじめ
ひきにげ(表記ゆれ)
未解決事件
探しています


■行政?
保健所
殺処分

■社会及び活動・世相
失業
ブラック企業
#MeeToo
フェミ
反戦
残業
ワンオペ
平成最後
ボランティア
オリンピック

 

■ハラスメント
マタハラ
モラハラ
アルハラ

マウント

■モラル・ホラー・グロテスク
ゴア
MoMo (一時期話題になった画像悪用・非行誘導スパムです。ホラー系作家さんの立体作品の画像が出ます)
姑獲鳥(MoMoで悪用されている画像の元ネタです)
青い鯨
検索してはいけない
SCP(面白いコンテンツだけど一部にホラー的画像やグロテスク画像が含まれている)
収容違反
ねこです

Medical Shots
→これは名前の通りほとんど学術目的の医療関連の画像を掲載するアカウント。運営目的はいまいち不明。
無修正で手術時や治療時の患部画像や映像を投稿するため創作物以外のこういった画像が苦手であればミュート推奨。
「こういう医療器具があるんだ」という純粋な発見でのRTなどもされるが、「傷口を簡単に縫合できる器具」→傷口のアップが映る、なので
苦手であれば先手を打とう。絵描きさんなどが資料目的にフォローしている場合も多いためふぁぼでも流れてくるかもしれない。

Medical Talk(同上の主旨のアカウント)


バカッター
したったww


■ユーザーふるいおとし・自動ツイート・共有など
小学生だけど
小学生だから
中学生だけど
中学生だから
高校生だけど
高校生だから

期末
受験

ではないのだが

【定期】(”定期”と区切り目的の記号各種を組み合わせる)
【自動】(同上)
時報
のポスト数
今なら

ジョブはこれ
【速報】
【悲報】
#ミュート推奨
ガチャ
シミュレーション
晒し(表記ゆれ:晒す・曝す・曝し)

共有ツイートに付属する公式ハッシュタなどグ

■ネット関連
キニ速
NAVERNAVERまとめ)
オレ的(もしくは正式名称で・まとめサイトへのリンクが消える筈)
なんJ
はちま起稿
jin115(通らなければドメインで登録)
BOKETE(ボケて)
メルカリ
TikTok

コピペbot

114514
アッー
野獣先輩
田所
ひで虐待
何でもするって
はっきり分かんだね
多少はね?
ガバガバ
やわらかスマホ
ゆ虐
実装石

■オタク
リアコ
しゅきぴ
アレルギー
地雷
自衛
トレパク
海賊版
検証
無断転載
ぬい
ぬいママ
リョナ
BBA
():CP名・略称
():特定のユーザー及びそのID
():脚本家・俳優・演出・企業・作品名
行けないけど
応援してます
ファンサ
二次創作
接触
担当
同担
不発弾
オタクなら
宗教
PUBG
荒野行動
転売
専スレ


■現実を見たくないオタク
死んだ
尾形
キロランケ
ふせったー
脱稿
落ちた
結婚
今週の(ネタバレ回避)
最新号(同上)
ネタバレ
(作品名)
てれびくん(次の特撮のネタバレが早い)
当落
攻略
クリア
実写
作画崩壊

■なんの心配も無くTLを見たい人
全員ブロックしろ


なんとなく並べたけどどうだろうか。1ワード内に別の意味やネガティブのみでないワードはちょっと難儀するね
例えば、高校生や未成年をふるいにかけようとして「追試」をミュートにしたら
「(二次元キャラ)くん、絶対追試で先生にいやらしいことされるでしょ」といったものもミュートされてしまうかもしれない
見たければ耐えるか、どっちかを捨てるしかない。あれもこれもやめろやめろというのであればそもそもツイッターみたいな空間向いてないと思う


ネガティブな使用用途に寄りがちだが、「自分からネタバレを回避してワクワクを持続させる」という使い方も出来る。
ちなみに私は「ケムリクサ」をミュートにしている。
TLで是非語ってほしいものの、いかんせんまだ見て無いのでネタバレは見たくないオタクであった


自衛自衛っていうけど、問題があるワードを垂れ流しにしている人間もどうかと思うので、
双方ともに衝突する前に対策などすればいいのでは?自分の要求ばっか通ると思ってるならSNS向いてないから飯食って納税して寝ろ。じゃあな

甘くはないぜを摂取した

 帰りの高速バスで書いていたので混乱が見られますが、混乱っぷりが面白かったのでこのままアップします
 
来たぜ…この時が…
甘くはないぜ3だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!
ワーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 
ば、幕末!?!??!?!??!
 
 
そんな衝撃の告知から数ヶ月、私は福岡へ走った。
平成が生んだヤンチャ(前科持ち)パティシエこと天見団護が活躍したりヘタれたりの1・2から続編の告知で発狂しそうになっていた私は、
突然の幕末のおしらせに泡を噴いていた。
 
ど、どっちだ
前世か
ご先祖か
 
忙殺の日々を送りやっと休暇と推し現場がマッチングした奇跡の中
よく考えたらあらすじもよく読んでないと気付いたけどあまくはないぜは予想だにしないキャラ付け、
気が付いたら変わってる設定、予告と違うビジュアルでお馴染み(私の中で)なのでもうなんでもいいやそこにますもと節があるのなら…とある種の信頼のようなものを寄せながら福岡へ走った。
 
都合がつかず福岡初回は捨てざるをえなかったけどそこから4公演、楽しむぞ~~~~!!!と、なんと地下鉄出口から直結のガスホールに到着。
開場30分前くらいにホールがあるフロアに辿りついたけど列の端がない。なんと1フロア下に至るまでの階段にもうぎっしり並んでいた。
ただ、これが翌日(福岡三日目)、千秋楽になるにつれて一時間前に同じくらいになっていたり一時間以上前にはさらに伸びていたりして…とにかくさすが10神のホーム、ファンの方々の熱が凄まじかった。
なんとか推しのグッズとパンフレット、中日のチョコ、DVD予約などは無事にできたものの、最終日のチョコだけ買えなかった…
投票数を見たらやっぱりホームでの千秋楽で追い込みをかけた人が多かったんだろうな、と思う。優勝だ。対戦相手ながら拍手したくなった(めっちゃ拍手した)
 
物販は2団体のファンを受け止めるというだけあって記憶にある物販風景よりかなり拡充されていた気もする。
でもやっぱり手が回らないところは出ているし、でもこういう形式の公演が今回初なので次回以降はなんとかなってるかな、という希望…
会場のスペースにもよるんだろうけど並ばせてから解き放つよりも、狙ってるグッズ(グループ)ごとに物販を設けるしかないのかな
Aの団体のみ購入はこっち、Bの団体のみ購入はこっち、DVD予約のみはこっち、AB混合での購入希望はこっち…って
少なくともあっちでこのメンバーのグッズが足りず、こっちであのメンバーのグッズが足りず、でスタッフさんが走り回る回数は減るのでは…
自担&自担グループしか買わないって言う人も多いと思うからそっちでどうなるのか試してみて欲しい…物販で心穏やかになっておかないと荒む…
 
座り込みとか荷物ガサガサとかギリギリの駆け込みとかおしゃべりとか咳連発とか色々あって観劇環境としては最悪でした。ここがサビだから何度でも言うからな。
自担は東京エリアなので福岡公演はアウェー、たぶん勝手も雰囲気も違うんだろうと身構えてはいたけど
独特のルールとかそういうのではなく単純にひどかった。咳と隣の席の話し声で役者の台詞が聞こえねえ!!!!でも注意したら聞いてくれた!!!オッケー!!
特典会の会場内(劇場内)での自撮り・風景撮影とかも禁止のマイクアナウンス流れてたけど聞こえてないのか無視してるのか、SNSに上がってしまっている…
ただのルール無視してる勝手な人だけどそれを推しに見られたりするかもという緊張感はないのだろうか…気にしないのかな…
もしかしたら舞台鑑賞が初めての人ばかりだったのかもしれないけど、その場に居る全員がお金を払ってチケットを買って、それぞれの推しを指定された座席で平和に見るという権利を買っているので
上演中に他の観客の鑑賞の妨げになったり規制や制限に反するようなことはやめてほしいと思った。
 
運営が取り締まれよ、という意見もあるだろうけども逆に運営や推しに苦言を出されないと直らないっていうのはとても恥ずかしい
「人を殺してはいけません」っていうのを法で取り締まられて初めて「良くないんだ」って思うレベル。「いいじゃん」っていうのもいるだろうけど。よくねえんだわ
↑この部分もサビなので何度でも繰り返すよ
アウェーorホーム関係なく愚痴記事も書く勢いで劣悪だったので今後どうなるのかが素人ながら心配なのでした。
この記事どうしよ。現地のレポートと全体の感想にして、日替わりネタとかは別で箇条書きにでもしようかな。記憶がもつかな。
ここから先は演出上のネタバレとか内容についてがあるので”ーーーーー”から先は一切のネタバレが嫌な人は見ないでくれ
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
 
 
この時の座席の具合もあるんだろうけど、ガスホールって中々に広々としてるんだな
商業施設っぽいビルの中にあるホールって思ってあんまり期待してなかったけど、窮屈さのない空間だった
座席の足元めっちゃ広いじゃん!!!!って思っていたこの時の私はこの後に起きる衝撃を知る由もなかったのだ…
 
恥ずかしながらマジで仕事から帰ってきてラーメンをすするゾンビとして過ごして寝て起きて仕事、みたいな生活だったのでお相手の10神さんたちのことを下調べせずに行ってしまった。
九州在住なので彼らの出演する番組はたまに見ていたんですけど、ビルの中で一発でピタゴラスイッチみたいなのを成功させようとしていたり交換した服だけで何かしようとしていたり、
ドラマで明太子を大食いしていたりドンキホーテで水が売っていたのは知っている。あと「恋乱」前田利家として出演していた子が居るグループですよね。これくらいしか…ウッ…
自担グループのメンバーを覚えるのも危ないのにこれでいいのかと思った…すまねえ…限界だ…脳が5MBしかない…
「サカタケント」っていうメンバーがいるのかとすら思っていた…教えてくれた10神ファンの人ありがとうございます…全然違った…
 
こんなの予告あったっけ、と思いつつも始まった前説を大人しく見ていて、以前の銀河団の皆さんに思いを馳せた
本当にごめん、お名前とお顔がわからない でも皆さんメンズでありながらもキュートさを残した面子だった気がする。
体重が80kg台?になりましたと報告してくれた彼が今後どうなるのかが地味に気になる。
かなり身長あるから仕事的にメタボにならなければ80kgでもいいのではないでしょうか…健康的でいいと思いました…
 
本編には出演しないメンバーも、チケット販売以外にもこうして出てきてくれるのはファンは嬉しいだろうな~と思いながら見ていた
外国人メンバーもいらっしゃるんですね!モト君?言ってる事普通に聞き取れたし普通に会話していてグローバルを感じた。開港した。
休憩時間に公式サイトを見てメンバーを確認しましたけど、公式サイトにある宣伝用写真よりも本人の方が断然いいですね…岡君は何故そんなに頭が白く…?
まだよく知らぬ元気なメンズたちの洗礼を浴びながらも開演
 
やっぱり劇場で開演のために暗くなる瞬間はワクワクする。
初手にしけんで、アウェーの土地でソワソワしていたのが一気に落ち着いた。
いや~~~う~~~ん、言葉にならねえ~~~~楽しい~~~~~!!!このにしけんは白いのか~~~~~!!!スウェット上下1500円の白さよ。
相変わらずのジェットコースター、千秋楽までにアウトレイジ北の国から、アクセルミュージック、キャプ翼、プロレス、もう色んな人間を急カーブでふり落とすネタが飛び出す飛び出す
何が出てもネタが分かれば笑ってしまうから私までスベったみたいになった
DVDに入らないからって何をしてもいいわけじゃねんだぞと叫びたくなるネタの奔流に私は「どの土地だろうとますもと節があればそこは甘くはないぜだな…」と悟った
これ前にも呻いてたと思うんですけど、イケメン舞台というかイケメンをイケメンと思わない舞台というか
中身は完全にジャンプ作品なんですけど盛り込まれるネタはなんJ(?)というか、これとにかく見てもらわないとわからないな
アウトレイジとかスカイラブハリケーンとかでゲラゲラ笑ってる人間がどれくらい居たってんだよ…
 
楽しい…楽しい…
前回もキャッチコピーの「恋をして」って一体誰に恋をしろってんだよってキレた記憶あるもん。
随所でアドリブあり、フリーダムあり、キャスト同士の潰しあいではと思うレベルのネタのぶつけ合いあり、一体舞台上の何人が後ろを向くのだろうかという場面あり
それでも本筋を取りこぼさず気持ちのよいところで切り上げて戻るっていう所に客演の方々の腕を感じ、安心してゲラゲラ笑ってた。笑いすぎて唇切れたわ。
なんですかね…綺麗な顔した男たちがそれをかなぐり捨てて暴れるとこんなにおもしろいのか…って再確認した
自担がキラキラしていて自担演じるキャラが今回も熱くてかわいいのはご存知でしょうが、10神のメンバーの人たちもあの世界にとけこみすぎてて「あっ…実家…?」ってなった…
1・2の王子ポジションにあるスコーン卿好きだ…
あと酒蒸饅次(役名だよ)が、中の人(堂本翔平)が元々持ってるこう、気だるさというか、触れたら沈んでいきそうな感じの状態で
酔いどれてふよふよしていて、しかしながらバチっと殺陣も決めて、私はついブロマイドを買った。彼についてもっと掘り下げてほしい。
彼はなんだかキャラを二次元に寄せるのが上手いですよね…もっとキャラを立たせるというか…そういう演出がされているといえばそれまでなんでしょうけども、
でも彼本人の雰囲気とキャラが立ってるから2.5とかは難しいんだろうか。今度何か見てみよう…ラキドとかあったし…
 
そんでこの演目特有の「投票」というシステム、S席は投票券とおかしがセットでついてくるんですけど、今回はチョコ(ショコラ)でした、
4個入りで2種固定(チームカラー)、あと2種はそれぞれ1個ずつ公演ごとに変わる味で
そしてS席はキャストがそれを配りに来てくれるんですね。サービスサービス
 
初日はなんとか取れたS席でウキウキだったんですけど、なんでしょうねこの足元の広々さは。
スペースにしたらそれこそ例えるならスーツケースを置けるくらい、脚を伸ばして座れるくらいの空間が空けてあったんですよ。
荷物がでかい遠征オタクへのやさしさ???と思ったけど何かを感じて何も置かずにおいたらなんと、
そこはキャストが通る空間だったのだ…
5列目(1・2が潰してあったので実質3)だったかな、10神の松島君が配りに来たんですけど、
すみません、初見の人間がパっと見てわかるいいところといったらやっぱり外見なんだけど、綺麗な人だね…あと…めっちゃでかいね…
スラーっとした端正なお顔立ちの人が目の前を通るとなんかこう…言葉が出なくなるね…見とれてしまった…
座席にしては広いけど広々とはいえない隙間をするすると袴で通っていくあの感じ…何やってても様になる人っていうのは居るんだなあ…
主演二人は最前だろうと踏んでいたので逆に堪能できた。直前までのメーンの反動がすごい。
 
投票はもうアレだな どっちが美味しかったかどうかもだけどほぼ「どっちのEDを見たいか」という主旨になっている
マイ初日で推しチームが「山椒のチョコ」というトリッキーな代物を出してきたのでどうしようかと思った。もう推しも萌えソデしながら「負けじゃ 負けじゃ」って言ってたし(かわいい)
私の推し勝利ENDは私が見た回では出なかったんだけど、それでも発表の時の「ウオオオオオオーーーーッ」は全力で楽しめたのでどっちのエンドでも結局は楽しいんだと思う
「残念」っていう感じはなかったので晴れ晴れとした気持ちで拍手してた。どっちのエンディングにしても推しは出てくるしな!!!
DVDが届くまでの楽しみが出来たので、楽しみが延長されたと思って発売を待つぞ~~~!!!
1・2も勝負上の勝敗はあるんですけど、だからといってどちらかがBADになるわけでもなく、みんなHAPPY、だって甘くはないぜだから…
いや一部切ないのもあったけど…あれもまたハッピー…ハレルヤ…
 
上演予定時間は2時間20分だったんですけど、19時開演でホールを出たのが22時だった気がする。なので2公演目?カテコは1回。
本編後はチェキ会…魔のチェキ会…
今回のチェキ会なにがつらかったって、自担とのチェキが後の方だったので段々と自担グループのオタクが濾過されるかのごとく残っていった事ですね…
あら…あなたは確か以前東京で…あちらのあなたも…現場の知り合いを作らないので面識はないけど見た顔がどんどん残っていく…絶対同担~~~!!!
推しに「お久しぶりですよね」と言われたことによるショックで記憶が飛んでるけどなんか言った気がする。もう楽しかった楽しかったって発するロボか何かになってた記憶しかない
 
いや~~~でも楽しかった!最終日にえらいことになってたけど楽しかった!そこがいい!
この日のためにずっとずっと我慢してきたんだなって思えた。欲を言うならもっと、いくらでも生で見たかったけど…
推し現場に休みが取れなくてずっとずっと世を恨んでいたけどそれも一気に晴れた。あーーー楽しかった…
もうほんとずっと、飛行機予約してチケットとっても休みが取れなきゃ終わりだし、全部用意してから休みが無くなったら5万以上の損害だし、
それを「残念だったね」で流せるほど裕福じゃない、じゃあもう予約すらできない、予定もたてられないじゃないかってマジでずっと泥の中で暮らしてて、
度々書いてるけどご厚意で物販の代行を引き受けて下さっている方もこんなのに付き合って買い揃えて下さって、
手元に来るまだ見ぬ(DVDが届いてないから)推しの姿を眺めては時々マジで涙を流す日々だった。もーーーほんと二次元ではまってるジャンルはどっちも流れがゆるやかだし公式からの供給はほとんどないからビッグウェーブともならないし・・・
 
しかし人生を見つめなおして再スタートを切ると決めているので、推し現場には休み云々を抜いても以前よりもいける数は減るだろうな。ゼロよりはマシか…
 
でもなんと!!!!今年は福岡まで興行してくれる公演がある!!!!!
福岡なら、福岡なら、2公演見ても日帰りできるかもしれない!!!!希望は捨てねえ!!!!!!
これから先はさらに休日そのものがなくなりそうなのでもっとつらい事になるだろうけど、もう全部グーパンで殴り倒して進むしかねえ!!!!!!
 
真面目に働いてたらどんどん休みが無くなるシステムに巻き込まれた私の運命やいかに
次々にステップを上がっていく推しと反比例して私は地中に埋まってる気がするけど、生きてるぶんだけ推しの輝く姿が見られるわけだし、
なにがなんでも生き延びるぞ!!!!!!!!!YATTA!!!!
 
追伸
推しが髪の毛を染めました 頭が何色でも似合うのが素晴らしい。いやほんと。
でも相変わらず食えるものをなんとか作ったのに皿が汚い 
誰か彼にレンチンで使えるキッチングッズを差し上げてください
 

primaniacsさんの胸に抱かれて銀座でRockしてきた

 
 
某香水メーカーが幕末Rockの香水を出す。
初報ではちょっと理解できなかった。
まあ幕末と言えばRockなので皆さんご存知かと思うが、公式がファイナル宣言を出したにも関わらず(嬉しいエヘヘ)
未だにプリロール(キャラケーキみたいな)とか電子書籍化とか諸々が動いている不思議な作品だ。
全然不思議じゃないよね。Rockは死なないんだからファイナル宣言なんて「よいお年を~」みたいなもんである。いいぞ!その調子だ!!
そんな平成の幕末こと幕末Rockが香水を出す。
 
最初ちょっとほんと何度も繰り返してごめんだけど頭が回らなかった。確か原稿もしてたと思う。
キャラ香水っていうとこう、マンモスジャンルから出るイメージがあって、
それは多分私が人生で始めて体験したキャラ香水というのがコナン赤井秀一(ライだったかも)だったというものからくるのだと思うんですけど
ばばばば幕末Rockから出るの!?!??!とほんと頭回らなかった。今でも理解できてない。
 
キャラ香水って何なんでしょうね。「キャラをイメージした香水」っていうのはどの立ち位置なんだろうか。
多分「キャラの雰囲気や希望的香りを具現化してみました」なんだろうけど、「キャラの体臭イメージかな」って思ってしまった。
初キャラ香水体験がタバコと牛革の匂いのする「香水」というより「体臭の瓶詰め」だったからだと思う。
赤井…秀一…!!!
 
そして私はお世辞にも都会とは言えない地方の民なので、人間が感じる物のうち触覚・味覚と並んで遠隔体験が不可能である香り製品をテストできない。
 
 
まあ買ったけど
 
 
日頃からブラインド商品をおみくじ感覚で開けてるから好きなキャラ確定の香水なんか勝ち確よ。
ヤッホホホイとしていたらまた激震が走った。
 
銀座のメーカー直営店舗で香りの体験ができるというのだ。
いや、嗅ぎたい。身に着ける確立ほぼ/zeroではあるけど…
都合により遠征がほとんどできていなかったから、今年はその体験の期間中に何か関東に行く用事があったりしないかな、とスケジュール帳と相談した。
まあ今年初遠征はインテだったんでそれは関係ないし会期前なのでおいておいて、と思ったらまたアゴが外れるかと思った
ひょんなことから急に関東に飛ぶことになった
アイエエ!こんなことあるの!?!?しかも内容が自分にとってつらいものだから幕末の風を感じてリフレッシュできるかも!!!
でも喜んだのも束の間、私のメイン用事が終わってからザギンへ行くにはちょっと無理がある。
優先するべき順位をつけなくてはいけなくなり、一度は「まあ香りを嗅ぐだけだし…」とあきらめかけた。
しかしもっと事件が起きた。一月の半ばくらい発表だったっけ?
 
ザギンにパネルがやってくるというのだ。
 
ごめん、私もいま思い出しながら興奮と混乱の中にあるから支離滅裂なのはわかってるんだけど
あの、雷舞も舞台も共にしたパネルが
燃えかけたり折れたり剥がれたりしても元気なパネルが
銀座の ザギンでルーパネである
物販もあるという。幻と消えた疑惑のあるあのフィギュアシリーズの絵柄だ。
 
パネルに会えるなんて(公式のリアルイベントにのみ出てくる)この先一生ないかもしれない。
冗談や誇張でなく目の前が真っ暗になった。
私は幕末Rockのパネル芸が大好きである。「こらこら」と思う部分も当然あるが、それをちゃんと疑問に思えるくらい大好きである。
同じ地続きにありながら、電車でいける距離でありながら、難しいから、不慣れな土地だからという理由であきらめていいのだろうか?
その時はいいかもしれないけど、果たしてRockはどうであろうか?
幕末Rockで初めてオタク遠征をし、生きていく目的ができ、転職し、見知らぬ土地にも飛び、同人誌もなんか10冊くらい出した。
その中にはこの銀座特攻よりも無茶なことなんか沢山あったはずだ
じゃあ挑まずにただ見過ごして「行けばよかったなあ」と後悔して過ごすのか?
答えはNOだ。
まだ地元にいるのにとりあえずSuicaをチャージした。ファミマで。
 
運よく早く終わったとしてザギンまでは徒歩・電車・不慣れな分乗り換えミスや迷うことも加味しても一時間ちょっと。
営業は20:00までだがギャラリーへの入場は19:30、現地で迷ったり乗り間違えれば一発アウトだ。
仕事で行ったはずだが、幕末Rockを支えとして出発したためヒールを脱ぎ捨てて靴を履き替えて最速タイムを目指すしかない。
オラァ!!!と退勤し歩きスマホサラリーマンの群れを抜けて抜けて走った(歩いた)
 
私は地下鉄が苦手だ。天井低いし方向がわからなくなるし、表示が「右」「左」ではなく「斜め上」とかを指すから「は?上の階?」とかなる。
死に物狂いで超歌劇のシンディパスケースに入ったSuicaを高速タッチさせながら移動に移動を重ね、なんとか銀座に到着した。
まさかひとつ隣がサラリーマンの街・新橋だとは。さすが東京、各都市がさながらzipファイルである(?)
出口から出たはいいものの、夜ということもあり公式サイトにある写真つき案内のような目印が見つけられない。
どうやら目印らしいカルティエを探して地上をうろつくも、カルティエなんぞとは無縁の人生だから「どんな書体なんだ…」から始まってしまう。
カルティエみずほ銀行とかを見つけてミントグリーンのヒラヒラをみつけなければならない。英國屋というのはホワイティうめだにあったあの英國屋だろうか。
カルティエ~~~!!!と思っていたらなんかバカでかいビルまるごと1個がカルティエったみたいで、でかい看板上かよカルティエ~~~~!!!と
いや、カルティエじゃなかったかも、なんかこう、いいブランドのビルが目印でした、
迷いはしたもののでかい看板をつけてくれたカルティエのえらい人に感謝しながら銀座の街を競歩で駆けた。次のオリンピックには呼んで欲しい。
 
もうこれ間に合わなかったら銀座の吉野家で牛丼食って帰るしかねえと思ってた。
到着したら19:10だった。やればできるものである。
 
ギャラリーという性質上、閉場までは時間を設けてくれているのでマジのギリギリ入店で迷惑をかけなくて良かった…
あっ!ここの角!と曲がったところで、道路の中ごろに日本の夜明けが見えた。
半裸の男のポスターが銀座の道路に飾ってある。A3程度ではあるが凄まじい光景だ。
 
久しぶりに見た、公式が新しく印刷した龍馬さんだ。もう涙が出そうになった。
どうせ仕事終わってんだからメイク崩れてもいいかと思ったが、ブスに拍車をかけた状態でパネルに会うわけには行かない。
急な階段を上っていたらまたシャレオツライトの下で龍馬さんのポスターが輝いていた。もう河川なら避難警報が出ているレベルで涙腺がすごかった。
登り切ったらもっとすごかった。脚の乳酸が一瞬で消滅した。
登ってすぐ、龍馬さんのパネルが立っていた。私が登ってきたのは天国への階段だったのかもしれない。
右から龍馬、晋作、桂さん、土方さん、ソウちん、超魂團が揃っていた。
 
こんなことがあるだろうか?今は2019年である。諦めたつもりはなかったが、会えるとは思っていなかった。
先客も後続も誰も居ないのを良い事に入り口で立ちすくんでいたので不審者だった。お兄さんすまない。
入り口から奥に向かって、右手にメンバーのパネル、左手壁面には物販で販売しているポスターがしこたま貼ってある。
パネルはおさわり厳禁だが、写真撮影はOK。ファンとの接触の線引きをはっきりさせている良バンドではないだろうか?物販でチェキも売って欲しい。
至福、そのひとことである。
マジでもう会えないかと思ってた。今生の別れをしてしまったかと思った。
死ぬほど撮影した。入場締め切りギリだったとはいえ、よく見たら物販の方に人がいたので後続の方々とも譲り合いつつ撮影した。
店内では幕末Rockの楽曲が流れている。ああ、この空間に住みた…ゲエッ!?でかいテレビでMVが流れてる!!
 
原作もであるが関連イベントでもド肝を抜いてくる。
でかいテレビが設置され、そこでMVが流れている。その前に椅子まで設置してある。フェイスエステである。
私が唯一夢豚になる男こと土方歳三が大画面で表示されている。正気じゃいられねえ!!!
交流ノートもぱらぱらと捲った。この時24日、開催初日にして遠慮がちな空白スペースなどはあるものの、けっこうノートが埋まっている。
平日ど真ん中、やはり仕事終わりに駆け込んだお姉さんたちも多かったのだろうか。私も震える手(疲労)で一言感謝を残した。
すぐよこには今回のメインビジュアルのポスターとポストカードが陳列されている。なんと買えちゃうのだ。
まだ幕末Rockにお金を支払えるのだ。米炊いたら食うでしょ?それといっしょ。
 
クレカを使えるかの確認と販売価格の確認という思考をすっとばして昼休みのうちに銀行口座から複数人の諭吉を連れて来ていた。
現地にいけるか心配のあまりポストカードをご厚意で助けてくださるという方に頼んではいたが、ポスターはサイズ表記からして明らかにかさばるので頼まなかった
正解だった。「レジにてお申し付けください」のポスターはA3、巻いてなかった。
帰りの事を思う。私はこのでかい紙をシワなく守りきれるだろうか。明日ダイソー行って補強を入手して家には持って帰れるけど、道中はきっと満員電車だ。
既にヨボヨボになりながらレジで袋詰めを待っていて、待っている人が居なかったのでとにかく感謝を伝えた。
ちなみにポスターは白い袋に入れられるため半裸の男が銀座の町に晒される危機かと思ったが、お姉さんが印刷面同士を向かい合わせて入れてくれたのでそんなことはなかったぜ。
もしかしたら今回限りのバイトさんとかレジ係の人にすぎないのかもしれないけど熱よ伝導しろという気持ちでしかなかった。
 
ありがとうございます…もう二度とパネルとは会えないと思って…幕末Rockにこうしてお金を、一番の応援はやっぱり購入と動員ですから…支払える場を…ありがとうございます…
拝み拝み、としていたら「みなさん沢山買っていただいて…」「パネルに会いにきてくださる方も多くて…」なんて言葉も飛び出してくる。
「次はまだ出ていないキャラの香水もお願いします…」に対しても「がんばらないと…!」と返してくれる。
こだまでもいいと思っていたが、こだまどころではないものが帰ってきてヒイーンヒヒーンと泣いてしまいたいくらいだった。
「店舗のほうには行かれましたか?」と言われ、その時すでに半を過ぎそうだったため名残惜しくパネルの前を通りながらギャラリーを後にした。
 
そして迷った。私の端末のgoogleマップは信用していけない。地図を回すな。
結局反対方向に進んでいた。というかギャラリーにいたるまでの進行方向をそのまま直進して左に曲がるだけでよかった…
ギャラリーにたどりついて、キラキラにめまいをおこしながらも見えたのはやはり半裸のポスター。
蜜にひきよせられてふらふらと近寄ればお姉さんに案内され、各メンバーデザインのテスト用紙を出してもらった。
「癖の少ないものから…」という芋焼酎テイスティングでもするのかよって注文も聞いてくれるお姉さん
桂→沖田→土方→高杉→坂本の順で吸った。
 
龍馬はワイルドさからピュアさへ
シンディはタバコっぽい香りからけっきょくは周囲を放っておけない面倒見の良さが出る香りへ
桂さんは昔女の子に間違えられてたルーツの香りから大人の男をうかがわせる香りへ
土方さんは近藤さん(!!!)の背中を追いかけていたいけど自分もまた背中を見せる立場という葛藤とこんな上司がいいなと思わせるような香りへ
ソウちんはトップ愛獲らしい魅力溢れる香り
 
そんな感じの説明をしてくれていた。一方で私はRockのオーバードーズで混濁していた。
「龍馬」「土方さん」はわかるんですけど「シンディ」という呼び方をされた時点で手刀を受けたようなものである。
もっとなにかいろいろあった気もするが記憶が本当にない。気がついたら最初と最後の匂いを嗅ぎくらべて、手にはカードが5枚握られていた。
その後の勢いでヘタリアの匂いも試させていただいたが、「ああ~わかる~」といった香りの設定でただただ感動した。ギル…
1Fにはゴールデンカムイの匂いもあったので試してみたら尾形の匂いがなんだか悲しかった…うう…
 
帰りはやっぱり満員電車で、なんとか壁面を確保したもののスマホ確認と無理な乗車でまた地下鉄.zipだった
最後の方なんかもう己の肘との戦いだった。強度的には「魔弾」のお父さんみたいな肘になってたと思う。
 
しかし、流れていくTLを見て私は大きな取りこぼしをしていたことに気付いた。
晋作の手首の蝶番と土方さんの胸の剥がれを見ずに出てきてしまっていた。
後悔した。晋作といえばベーシスト、ベーシストといえば晋作、晋作といえば蝶番といっても過言ではない。
浮かれるあまり大事な事を見落としていた。ちくしょう、ちくしょう。
こんな気持ちで明日どうやって仕事をすればいいというのか?私は土方さんの匂いにドキドキしながら静かに眠りに落ちた。
 
翌日
 
私「仕事早く終わったァ!!行くしかねェ!!!!」
 
私は銀座に居た。
人生で二回のチャンスなら身体にムチ打ってでも行く。反省してもとりもどせない後悔ほど役に立たないものはないからだ
もう地図なんていらない。Rockへ続く道が輝いて見える。こんにちはカルティエ、こんにちはみずほ銀行
二日目だというのにもうマイナーチェンジが実施されていた。
 
パネルの背面がポスターで装飾されている!!!!!!!ば、バンドっぽい!!!!(?)
昨日も撮影したのにまた撮影撮影、昨日のパネルよりも血色がいい気がする。きっとよく眠れたのだろう。
蝶番も拝み、写真に収め、土方さんの胸の剥がれも無いことを確認し、パネルの裏面とか足元とかを見て心の中で労った。
あちこちへ行ったパネル、いろいろとやったパネル、日本人特有の感覚かもしれないが、魂が宿っているぞこのパネル。
昨日よりもさらにタイムは短縮され、もっと余裕ができていた。
呆然とテレビ画面からRockを浴び、ノートを読み、Rockを浴びた。
 
私これから来る人もいるし物欲以上の無闇な買占めはしたくなくてきのうためらってやめていたもうワンセットずつの購入も達成された。
「ありがとうございます…ありがとうございます…もう二度とパネルには会えないかと思っていたので…ありがとうございます…」
一日ぶり二回目、テレフォンショッキングのゲストよりもスパンの短い感謝の言葉の再登場である。
やわらかそうなお兄さんはキモオタにも怯まず、「でも何故今幕末Rock?」という質問に対し「好きなので…僕たち(プリマニ)が…(要約)」という一言まで下さった。
そこから先はまた呆然とテレビの前でMVを見たり、パネルとの別れを惜しんだりした。私にとってのチャンスはこれで最後だった。ここに住みたい。
お兄さんとの別れも惜しみながら、本店へ向かう。今度はお姉さんに会いに行く。
 
既に一人接客中だったのでもう一人の人と待つ。マンツーマンで布教をうけることが出来るというのは良い。
ご一緒させていただきまたお姉さんの説明を聞く。やっぱりここの記憶が無い。
すでにオリジナルデザインのテスト用紙は在庫が終わって(今日の分がって事だったのかな?)いたが、お名前シール付きの別の用紙に付けて渡してくれた。
既に臨界に達しているため、何かに推しの名前が印刷されている、だれかがその文字列を打ち込んで印刷してくれている、というだけで感無量だ。
 
「お姉さんの話を聞きたくてまた来ました」と言ったものの、聞いている最中に幸福中枢を刺激されてしまい記憶が消えた。
「アニメ見ました!第一話で混乱しましたがとにかく曲がいいですね」と言ってくださったのに対してなにか返事をした気もするが、
こちらが最後に発した「買い切りで遊べるアプリ版もよろしくお願いします」などと口走った気がする。宜しくお願いします。
 
いやほんと…一緒に話を聞いてた女の子ごめんなさいグイグイいってしまって…
店舗とお姉さんへの感謝を伝えるチャンスがここしかないと思ってしまったのでつい周囲への配慮が欠けてしまった。
女の子も何か話したい事があったかもしれない…反省する…
 
熱に浮かされながら来た道を戻り、デパートを経由して地下鉄に乗り、満員電車でひとり筋肉体操をしながらポスターを守りきり、巣に戻った。
やりきった。やりきった。
今日あの街でもっとも輝いていたのは、名だたる高級ブランド店ではなくprimaniacsだ。
感謝してもしきれない。メールとか送ったほうがいいんだろうか。
虚脱の中でもせっせとポスターを保護し、安心したところで力尽きて寝た。
 
primaniacsの内部の誰かが幕末Rockを推してくれたのだろうか。それとも贔屓がリクエストでも送ったのだろうか。
正直、オタク界隈ではそれほど大きなジャンルではない。マイナーかというとそうではないと思うものの、メジャーかと言うとそうでもないと思う。
けれど今でもこうして大人たちが動いてものづくりをしてくれて、イベントと聞けば現地に時間を使って足を運ぶ贔屓がいる。
こういう人の流れが生じるたびに私は思う。やっぱり死とは、人から完全に忘れられてしまった時にのみ訪れるのだなと。
じゃあ永遠じゃね!??!!やったー!!!我が幕末Rockは永久に不滅です!!!
 
という訳で、
これまでは浴びることしかできなかったRockがとうとう鼻から吸えるようになった。
土方さんのサンプル用紙を枕に置いてひとっ風呂浴びてもどってきたら暖房をゆたんぽの効果で部屋が土方さんの匂いになってしまい、ドキドキとした夜を過ごした。
そんな体験を是非あなたにもして欲しい。
 
三月の下旬ごろ発送の本商品だが、なんとまだ予約を受け付けている。
買って損があるか?得があるか?そんな次元ではない。
そこにあるのはRockだ。買わない後悔より買った後悔、そもそも後悔はさせないので買っただけで爆アド、奇跡の一本である。
 
とにかく気になった人や、ついでがある人はテストしてみてね。抱(いだ)かれたい香りは土方さん、身につけたいのは晋作でした。
 
一度体験したら、二度と戻れない。3度高い体温はもう二度と下がらなくていい…
ありがとう、マーベラス、ありがとう、primaniacsさん。ありがとう銀座、ありがとう地球。冷房は28度にします。
 
 
 
【読み返してみて】
なかなかにキマっている記事だ。もう何が正しくて何が誤りかもよくわからないが、活きがいいのでこのまま投稿してやろうと思う。