ダブルピース日記~推しに健やかであってほしい~

地方在住の半茶の間。推しがよくスベります。

SHOW BY ROCK! リリースイベントに行って来た

すっごい旅だった

五時に起きて始発?飛行機乗って朝に東京に到着して、池袋でSHOWBYROCKのコラボストア寄ってアクキー買って、
そこから九段下の会場行ってリリイベ1部2部見て、そこから豊洲pitまで30分で移動してライブでキンブレ運動して、
新橋でラーメン食ってホテル戻って翌日五時に起きて、羽田からブルゾンちえみwithBと三四郎バッドナイス常田と同じ始発に乗って乱気流に揉まれながら鹿児島へ帰って午後から仕事って言う
電波少年でもなかなかしないような旅だった。予定の詰め込み方、ラーメン次郎級。
(帰宅した24日は鹿児島でお笑いライブが開催されていたので、芸人さんたちはそこにご出演されるみたいでした。withBヤバイくらいかっこよかった)
帰りの乱気流マジで飛行機落ちるんじゃないかって思った。
離陸して一時間で機内サービス開始だったからそれまでも様子を見てたんだろうけど
結局揺れすぎて機内サービス中断、手元にはアッツアツのビーフコンソメ、座席にしがみつく私、既に吐きそうな私、前の座席のバッドナイス常田さんもちょっと身をよじっているぞ乱気流。
飛行機に乗るともれなく胃袋ひっくりかえるレベルで揺れるか台風直撃なので慣れたつもりでしたけど、心臓に悪いね。
 
 
本当はライブは昼夜で誘ってもらってたんですけど、思いがけずリリイベの日程が被ってしまい、友人には大変迷惑を掛けたと思う・・・
友人・・・ホテルとチケットをおごってくれた上に、飛行機の時間にあわせるために前日泊をさせてくれ、その上行き帰りに燃え尽きて早起きで死んでいる私の亡骸を家まで送迎してくれるという・・
ありがとう友人・・・
どっちかが日程ずれていても、時間が完全に不可能に被っていても参加できていなかったので、力技(走る)でなんとか出来た今回は本当に奇跡でした。
 
五月のSHOW BY ROCK2017ライブ当日は観劇できなかったんですが、同担の方のご厚意でDVDまで予約して頂きリリイベに参加できました・・・
人に手間を掛けて頂いてばかりでは・・・?現場にいけないことの方が多いからチケット取りとかくらいしか役に立てない・・・ぞ・・・
 
何はともあれ九段下まで到着したものの、集合時間は開場の15分前で、マップでは徒歩10分未満だったと思うんですが、迷ったときの事も逆算して集合の30分前に現地着
していたのに・・・GPSのアホが南北狂っていてきっちり30分迷って・・・結局入場は最後尾に・・・
整理番号015だったので前の方の座席に座り損ねたのでは、ともなったんですが、会場自体が小さくかなり遅刻して行ったのに前から6列目で無理なく糸川君が見れるポジションに座れました。
前方はフラットだったので斜めアングルで見れて助かった・・・
入り口にお花が出ていて、すげーすげーって写真をガッシャガッシャ撮ってしまいました。いいなあ・・・いいファンが付いている・・・
 
MCはりひと君。最年少にMCを任せていけるのか、どうなのか、と思ったけどこの後の展開からすると最善だったかもしれません。
りひとくんがエムシの真似をしながら登場。諸注意の後に「俺らが行く前にあっためて(盛り上げて?)来いっていわれたので・・・」と、コール&レスポンスの練習。
可愛い子に合法的にブヒらせてもらえて素晴らしかったです。かわいい子に「かわいい~!!」っていえて最高でした。
すべて合法です。
 
キャスト登場。
クロウ役米原さん、チタン役糸川君、アイオーン役シャイニングホース輝馬の順で着席。
昼夜でそれぞれエムシの真似したり、夢銀河してみたりとフリースタイル輝馬。さすがシャイニングホースだぜ!!夢銀河した後真っ赤になってたけど!!!
事故での怪我のためロム役のたきがわさんは登壇できず、冒頭でその旨と、代役の方に関してコメント。
 
私そもそも5月のライブに向けて(最初は行けるつもりだった)ゲームはやってたんですけど、このジャンル自体、キャストさん含めあまり詳しくなくて、
でも不安な空気がなかったのでキャストが代わってもそれはそれで面白い舞台として出来上がりそうだな、と思いました。
 
シュウ☆ゾーとヤイバからのビデオメッセージ(宣伝)があったり、多方向に優しい。
 
昼夜ごっちゃになりますが、企画は
・誰が一番インスタ映えする写真か選手権
・秘蔵映像・稽古場からのクイズ
だったような気がします(タイトルは適当につけたよ・・・)
 
インスタ選手権はそれぞれ写真を持ち寄り、誰が一番いいね!をもらえるのか、といったもの。
りひと君は自分で描いたデフォルメ絵(めっちゃうまい)と自分を合成して、なおかつ自撮りもかわいいという満点インスタ映え
てるまは稽古場で、夢銀河のキラキラを喰らってシンガンが吹っ飛んでいる写真。「これ誰が誰かわからん」「これは(よねはらさん)だって分かるでしょ。身長で」
糸川君は「チタンがセレンにキーボードを教えている後姿をオリオンが撮影している」という設定付き。りひと君を動員するも、後ろ姿なので減点だ
よねはらさんはご自分のライブでの楽しそうな写真。個人的にはこれが一番インスタ映えしてた気がする。
 
拍手での投票の結果、まあ、案の定というか、糸川君がバツゲームに。
バツゲームはゲキマズドリンクです。彼は一体前世で何をしたらそう長くは無い芸能生活でこんなにまずいドリンクと直面しなきゃならないんだ。
一口で行ききれない量が入っていたそうですが、ウヘエ~!となりつつも男らしく一気飲み。ちなみにドリンクの正体は「激強打破」(たぶん)。
スタッフさんが持ってきたボトルにもまた爆笑。よかった、まだ人が飲んでいいものだった。クエン酸とかじゃなかった。
1位にはサンリオさんからのグッズ詰め合わせ。りひと君がもらいましたがお兄さんたちが開ける開ける。フリースタイル略奪(ちゃんと返却されました)
 
稽古場からの映像クイズ、
かまかりさん「キャストの中で付き合うなら?」→鳥さん  てるま「気も回るしね」
トラクロ双子「二人の共通点は?」→服装がよくかぶる 糸川君、初手で「黒い帽子がすき!」とニアミスするも全員その後苦戦。
オリオンの質問はごめん・・・覚えてない・・・覚えてないんだけど・・・こう、一言物申す、見たいな感じだった・・・
写真撮影のときもいつも糸川君がいないらしくそれに関してだったと思う・・・ てるま「そういうとこだぞ」
 
プレゼントコーナーはどちらもサンリオさんから提供のグッズ詰め合わせ福袋と、それとはまた別にサイン入り公演ポスターでした。
クッションだったりお菓子だったり、よねはらさんの袋にクロウのスケールフィギュアが入ってたりと豪華賞品。
紙袋の中身を見ようとがさごそするお兄さんたち。
SHOWBYROCKの公式アンソロジー(ガイドブック?キャラブックみたいな)が出てきてめくるてるま。
アイレーン(てるまが演じるアイオーンの妹)がのってるページを見つけて「アイレーン!!!アイレーンのってる!これ欲しいな!いいな~~!!!」とマジで読んでた。
糸川君もチタンを探そうとしたのかな?その後見せてもらって「ほんとだ~!」ってなってた気がする。
てるまが取り出したプレゼントを置く場所に困って一瞬ステージに置きかけたんですけど、やめて自分がステージに座り込んでお膝にプレゼント置いてくれてたのには何故かときめいた。
抽選は入場時にもらった番号だったんですけど、
悔しかった・・・・!!!!!!
糸川君が引いた番号が確か155番で、私が持ってた番号が154番で・・・な、なんだこの悔しさ・・・ウッ!!!
 
糸川君、いわんとすることは分かるのでふだんはあまり私も深くつっこまないんですけど、
「(普段はポンコツですけど)とにかく責任を持ってチタンを演じます!!」というまた新たなポンコツコメントを出し、てるまに「それ役者として当たり前の事だから」と突っ込まれていた。
だ、大丈夫、伝わった、伝わりましたよ!!!
事あるごとに両サイドの先輩方を見たりして、てるまがそれに気付いてマイク置いたりつっこんだりと、ただそれでバランスよく進んでるからてるまは有能なんだな・・・
昼の部も夜の部もよねはらさんへの「いつものアレおねがいします」という指令(台本)
い、いつものアレ????となりつつ、家畜ども~~!!!ブヒ~~↑↑↑↑をかました後に、
ショウバーーーイ!!!ローーーック!!!で気持ちよく締めて終了。
いや、楽しいな。
正体不明の楽しさだった。
 
 
もうとにかく糸川君いじりが凄まじい。主にてるまの。よねはらさんは割と見守り体制だった
りひとくんが現場で可愛がられている、という話が出て「どんな感じなの?」という流れで、かまかりさんがゆうたろう君を「こっちおいで!」と膝に乗せようとしてたりと、
年長組の可愛がりが凄まじいらしく、その流れて糸川君が普段どんな感じで絡んでるのかを見せることになったんですけど、
「り~ひと~↑↑」ともうベッタベタに絡んで行き、そう、確かここだったと思うんだけど、
糸川君の椅子がボッシュートされました。
(てるまの手により)
「スタッフさんこれはかしてください!!」と舞台から消え去った椅子に ちょいちょいちょい!!!となったもののそのまま舞台中央のかつて椅子があった場所に立ち尽くしそのままトークに戻ろうとする糸川君。
タモリみたい」「椅子戻せよ!」と言われ自分で椅子を取りに行く糸川君。
 
てるまその後も、「よーじろうの真似します!」と、チタンが曲中でやってたあの右腕を上げる動きを散々イジられ・・・よかった・・・あれ、謎でよかったんだ・・・
 
どこだったかわからないけどあとは箇条書きにする。
・よねはらさんとてるまが会話してるときに位置的に真ん中に挟まれているので、二人を交互に シャッ シャッ と見る糸川君
・糸川君はとうとう自分のポンコツさを認め、「でもこういうのがこう、母性をくすぐるというか」と、よくわかってらっしゃる。そうだ。それだ。
・稽古たのしい
・本公演では歌ってない曲とミュージカル用の書き下ろし曲、ボーカル以外も歌うかもよ
・まだあんまりいえないし不穏な感じでしたがエムシと謎については皆さんお察しの通りで大体合ってるとおもいます
・りひとくん絵がめっちゃうまい
・これでもかといじられる糸川君
・てるまの足が長い
・てるまが糸川君の前でわざと足をめっちゃ高く上げて足を組むもんだから、それをギョー・・・と目で追う糸川君
・年長組は年少組にデレデレしている
・ビデオクイズ、木原君とゆうたろうくんの二人の時に
・ビデオクイズ、オリオンに質問してる時にうっかり入ってくるかまかりさん
・実は朝に現場にいたかまかりさん
・映像出演者に質問していって、その答えをあてる形式のビデオクイズ、
・年少組へ絡むと丁重にお断りされるおじさんたち
・糸川いじりを止めに行く糸川君だったが、「もっと本気で止めに来いよ!!」とてるまからダメ出し喰らう(二回)
・てるま、一人だけ明らかに椅子が合わない
・よねはらさんも足が突いてないけどかっこよく座っている
・糸川君、つま先までピーン!!と伸ばして床につま先をチョンとつけて座ってるうえにそこを支点にしてクルクル動く(かわいい)なんであんなにちんまりしているのか・・・
・てるまの足が長い
・よねはらさんって30代なんですか・・・だからあの色気・・・
・「筋トレ二人で(誰だっけ・・・)やってるよね」「皆さん鍛えたりとかしてますか」 てるまは露出が少ないのでそれほどらしいけど、シンガンのヤイバとロムは上半身ほぼ出てるので色々塗ってる
・番号を引いたときに見そうになってつっこまれる糸川君
・まさかの「1番」を引くよねはらさん。
・りひとくん、15才、2000年代生まれな事に衝撃を隠せないおじさんたち
 
 
・冒頭の挨拶で「大人っぽい糸川を見せる(で行く?)」と言ってしまったがためにいじられる糸川君
・どんなん?と言われ、椅子にこう、さもリクライニングのような感じで座って水を飲もうとするも、足が一切地面に着いていない糸川君
・大人っぽいこと言ってと振られ、なんだっけ、一緒にイこうぜ、みたいな ちょっと衝撃がでかくて記憶とんでるんですけど。私の頭の中では某ベーシストが浮かんだんですけど。
・ダメ出しの嵐、そしててるま、よねはらさんもやる。 よね「君の鎖骨をぺろぺろしたいな・・・」 エロ爆弾だ
・りひとくんにも振られる。よねはらさんから受け継ぎ、「君の鎖骨をぺろぺろしたいな・・・」って言うんだけど、これが誰よりもセクシーだった。
あのかわいらしい男の子からあんな声が出るんかい!!!!!油断してたわ!!!!とおじさんは腰砕けになりそうでした。
経年の色気、色気を出そうとした人、てるま、ダークホースりひと、そんな感じ・・・
こんなこと言ったことないでしょ!いわないでしょ!!!とやんややんや盛り上がるおじさんたちのすみっこで顔を隠したり赤くしたりしながらちっちゃく丸くなるりひとくん
・あの瞬間、地球上のすべての可愛い生命体は「可愛い」の称号をりひとくんに奪われていたと思う。将来が恐ろしいぜ
 
公式にお写真が上がっているので衣装についてはそれを見てくれればわかると思うんですけど、糸川くんがゆるめのシャツを羽織っていて、それの前がパカーっとなる度にササッと直していたのがかわいかった
もうだめだ。相手は成人男性だぞ。それなのに「かわいい」しか出てこない。
ジャンル外からお邪魔します状態だったので糸川君がかわいかった記憶しかないんですけど、ただただ楽しかった・・・
時間にして1時間くらいのイベントだったんですけど、トーク中心だったけどもう笑うところが多くて楽しくてやっぱり記憶が無いよね。メモとかする暇が惜しいのでしませんけど・・・
ポンコツ丸出しコメントみたいになってたけど、「責任持って演じる」と言っていたことと、キャスト交代についても悲壮感なく、
ロム(大きな赤ちゃん)が戻ってくる場所を守りつつ新しいものをつくるぞ、といった感じだったと思います
この界隈は詳しくないですが、とにかくご本人が信頼して任せられる人だそうなので、私も勿論楽しもうと思います。
本公演楽しみだな~~!!!ご縁あってチケットも確保できたし、糸川君も今日のツイートで、「調子が悪かった喉が回復に向かってる、ほぼいつも通りになってる」と言っていたので、
あとはもうほんとチケット握り締めて待つだけですね!!!ブロマイド、チタン君が当たりますように!!!
 
 
終わった後、急ぎ足ではあったんですけど「お手紙書いてくればよかったかな~」とプレボコーナーを見たら、ロム役のたきがわさん用のプレボもしっかり用意してあって、よくわからないけど「よかった」と思いました。
そして私は会場着のタクシーが空車になったのを見つけて飛び乗り、九段下から市ヶ谷へ、そして豊洲へ、ゆりかもめに飛び乗り新豊洲、そして豊洲pitへとたどり着き、
ジョルダンの乗り換え案内とグーグルの経路案内を完全に無視して半分の時間で到着し、キンブレを振るゴリラとなったのでした
豊洲pit、新豊洲の目の前で、助かった。迷う暇すらないほど目の前だった。
 
楽しかったけども~~~~こんなハードな日程はしねえぞ!!!!!!!!!時間を一日しか取れなかったのが悪いんだけど!!!
あと、地図上で「離れてるかな?」と思った場所については迷って時間を消費してしまうよりもタクシー捕まえてワンメーターでも走らせた方がいいと学習しました。
今回の到着予定時間が「開場前整列の指定時間」だったので、集合時間に到着していたら開場時間までは15分、入場から開演まではさらに30分で都合45分の猶予があったので、
整列に遅刻こそすれど、いわば事前入場の最後尾にまわされただけなので本チャンの入場・開演には影響なく着席できました。が、遅刻は悪い文化なので絶対に避けたい・・・
なんでこんな大事なこと忘れてたんだろうね。
時間は金で買う。割り増し入稿の瀬戸際を潜り抜けたときにわかってたはずなのにね。
 
あともう一つ学んだ。
舞台を見に行ったら、物販予算とは別にコラボ飲食用とDVD購入費用を組んでおくべきだし、
劇場予約特典に「リリースイベント参加権」が確定しているのならリリイベの旅費も組んでおくべきだと思った。
すっかりわすれていたので「ヤバイ、誘われてるライブとリリイベどっちも行ったら流石に財布が灰になる」と焦りました。ありがとう同日日程の奇跡。
しかし内容をろくに覚えていなさ過ぎてショウバイロックファンの方に怒られそうだな
内容やニュアンスの間違いが結構ありそうなので何かあったら教えて下さると助かります。
 
楽しかった!そしてコラボストアで購入したランダムのアクリルキーホルダー、十種類以上の中からチタン君引けました!うれしい!シンガン運強いから!!うれしい!!
次は本公演!楽しむぞ~!!!